奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

サイエンスホーム奈良店_新築_リビング

「小屋裏ロフト」との程よいつながりが、開放感と明るさを生み出す平屋の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
広く明るく、快適・安心! バリアフリーの〝木の平屋〟 奈良県内の家づくり企業が集まるイベントで、『サイエンスホーム 奈良店』を知ったT様ご夫婦。その時は「いつかは家を建てたい」という興味本位での来場だったというが、「憧れの“木の家”が想像よりも低コストで建てられる」と知り、そのまま同社での住まいづくりを決めたそうだ。T邸は「平屋+小屋裏ロフト」の家で、その上下のフロアに“程よいつながり”を感じられるよう設計されている。1階のリビングは全面が吹き抜けで、上階に向けて高くなる勾配天井が住まいにより大きな開放感を創出。リビングに大空間を求めたのは、楽器演奏を趣味にしているご夫婦が、音楽仲間と集まって演奏会をするためだ。その際に屋外への音漏れを気にしなくて済む“気密性の高さ”も、同社に依頼を決めた理由だという。また玄関アプローチのスロープをはじめ、1階のあらゆる空間がバリアフリーになっている点もT邸ならでは。これは、障がいを持つお子様が安心して暮らせるようにするためで、間取りや動線もお子様にとっての安全性・快適性を軸に考えられた。そして室内のコーディネートは、“和モダン”をテーマに計画したもの。自然塗料を使って柱や梁をやや濃い色に塗装したことで、住まいの全体が落ち着いた印象に仕上がった。ご夫婦もお子様も遊びに来るゲストも、誰もがのびのびと過ごせる魅力的な住まいとなっている。   ■写真:室内の装いは、床を除くすべての木部がダークトーンで統一された、落ち着いた印象。リビングは“小屋裏ロフト”に向かって高くなる勾配天井によって、全面が吹き抜けとなっている。そのおかげで、平屋建て住宅にありがちな“建物中心部の暗さ”はまったく感じない。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_LDK

木製格子が映えるブルックリンスタイルの家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
奥様のご実家が『サイエンスホーム 奈良店』を運営する『カーペンターズハウス』で住まいをリフォームしていたため、同社のことは前々から知っていたというS 様ご夫婦。しかし、“新築の住まいがどんなものなのか”を知ったのは、モデルハウスを見学した時が初めてだった。その際に、温熱環境の快適性や木の温もりを肌で実感し、「絶対にサイエンスホームで家を建てたい!」と強く思ったそうだ。 土地はすでに購入していたものの、「最初は何から始めていいのかも分からなかった」というS様ご夫婦。それでも経験豊富な同社のサポートにより、想像よりもずっとスムーズに進められたという。ご夫婦はその工程を、「新しい暮らしや子どもの将来を想像しながら理想の家を考えるのは、とてもワクワクする時間でした」と振り返る。そんなS 邸のデザインコンセプトは、「ブルックリン+ナチュラル」。特に室内は、やや濃い色で塗装した木部と、ご夫婦がお好きなアイアンを使った家具で、ビンテージ感がしっかりと表現されている。その空間の中で最も存在感を放っているのは、一枚板のダイニングテーブルだ。これはキッチンとカウンターも一体となった同社造作の品で、ご夫婦にとってもお気に入りの家具となった。完成した我が家に対する感想を聞いてみたところ、「住み心地よく、何一つ後悔のない家になりました」と、ご夫婦そろってとても満足そうだった。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ナチュラルな空間にアメリカン要素をプラスした家

ZENHOME
二世帯住宅で、三世代が気兼ねなく暮らせるよう設計された。玄関は広く、ベビーカーもそのまま入れて、親御様世代は狭い範囲で完結できるように動線を考慮。
詳しく見る
岡田工務店_新築_リビング

住まい手になじむ、和モダンの「優しい家」

岡田工務店 岡田一級建築士事務所
お施主様の理想やアイデアを プロの技で細部までブラッシュアップ ご夫婦が用意した“理想の間取り図”をプロの目線で磨き上げ、『岡田工務店』が目指す家族・家計・環境に「優しい家」として設計・施工されたこちらのY邸。そのリビングやバルコニーからは外に広がる景色を楽しむことができ、またリビングとあえて独立させたキッチン・ダイニングは“メリハリのついた暮らし”をかなえている。1階だけでも暮らせるよう考えられた間取りに無駄になっている場所はなく、動線や収納の計画も万全だ。そしてご夫婦が求めていた“ヴィンテージ感ある空間の装い”は、壁紙や床の提案に加え、ご夫婦のデザイン案を軸に製作したというオリジナルの家具・建具で表現されている。こだわりや夢、たくさんのアイデアが詰まったY邸は、ご夫婦にとっての心地よさで溢れたものであり、さらには“耐震等級3”と、吹抜安全性にも優れた住まいとなっている。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ライフスタイルに寄り添った人もペットも楽しく暮らせる家

ZENHOME
「4匹の愛犬たちと楽しく暮らしたい」そんな想いをかなえた住いは、リゾートペンションの一室のような明るく開放的な平屋住宅。 家族みんなが一日の大半をリビングで過ごすというライフスタイルに合わせた広いLDKは、空間に一層の広がりをもたらしている。
詳しく見る
岡田工務店_新築_LDK

使い勝手と素材にこだわったナチュラルテイストの「優しい家」

岡田工務店 岡田一級建築士事務所
『岡田工務店』が目指すのは、家族・家計・環境に“優しい家”。こちらのY邸もそのコンセプトを基本としたもので、“エアサイクル工法”で高い快適性を備え、さらに“耐震等級3”という安全性にも優れた住まいとなっている。設計プランはご夫婦の「明るい家に」という希望に応え、採光の計画を深く検討。風の通り道や外からの目線にも配慮して、各空間や窓をレイアウトしていった。1階の床には無垢のナラ材を使い、住まいの印象をよりナチュラルに。間接照明や室内窓も、空間を彩るアクセントとして生かしている。また壁材には、珪藻土クロスやエコカラットといった調湿性のある素材を使用。考え抜いた動線や収納計画による使い勝手の良さに加え、室内の空気にも心地よさを感じられる住まいとなっている。   ■写真:LDKは、床やキッチン部の柱、また各所に見せた木目で一体感を表現。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_LDK

子どもたちと一緒に成長していく桧の家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
元気なお子様たちとのびのび暮らしていける住まいを求め、I様ご夫婦はいくつもの工務店やモデルハウスを訪問したそう。そのなかで最も気に入ったのが、『サイエンスホーム奈良店』の手掛ける“桧づくしの家”だった。「モデルハウスで知った“木のぬくもりを感じる内装”と、“吹き抜けのある広々としたリビング”がとても気に入ったんです」と奥様は言う。 同社と一緒に土地を探していた半年間を含め、間取りを決めるまでにたっぷりの時間を掛けたI様ご夫婦の住まいづくり。お二人が特に悩んだのは、“LDKとつながる和室”をどこに置くかだ。結果的にその和室は、玄関ホールに一番近い場所へ配置。二方向に引き違い戸を備えているので、普段はLDKの延長として開放的に使え、必要があれば個室にもできる、柔軟性に富んだ部屋となっている。ご主人がこだわりを込めたのは、アイアンウッドを用いたデッキスペース。ここもLDKとフラットにつながり、家族や友人とBBQも楽しめる“アウトドアリビング”として大活躍しているそう。 「今のリビングは、家族みんなが自然と集まる、楽しくて居心地のいい空間です。でも子どもたちがもっと成長したら、リビングに植物を置いて育てたり、大きなスクリーンで映画を鑑賞したりと、どんどん変化させていこうと思ってます(笑)」と奥様。I邸は、時間の流れと共に違った表情を見せてくれる住まいのようだ。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_リビング

重厚な門屋で「和の趣」を表現した桧づくしの家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
住まいづくりのパートナーを探すにあたり、N様ご夫婦はまず住宅雑誌から複数の工務店をピックアップ。それぞれのモデルハウスを見学した後、最終的に『サイエンスホーム奈良店』を選んだのは、代表の槌谷氏が高い建築技術を持つ腕利きの大工棟梁だったからだ。それというのも、ご夫婦が求めていたのは“町家を思わせる純和風の住まい”を実現することだったから。そんな想いに対し同社は、漆喰塗りと鎧張りによる重厚な門屋や、2階の窓に備えた高欄手すりなどで応え、その外観を雅趣に富んだ姿に仕上げた。 室内の装いも、木部を濃い色に、壁は白にして“町家テイスト”に。そして間取りは、“子育て”と“将来の暮らしの変化”に配慮してレイアウト。玄関ホールとリビングの両方からつながる場所には、育児に何かと便利な和室を配置し、また産休後に職場へ戻った奥様が毎日の家事をよりスムーズにこなせるよう、キッチンや洗面室も広くとっている。2階のオープンスペースは、キッズルームや室内物干場としても使え、さらに必要があれば容易に個室へと変更可能だ。そして寝室の横に置いた書斎は、昨今の在宅ワークにも重宝しているという。 なお、門屋の建築事例は、全国の『サイエンスホーム』加盟店でも同社が初めてのこと。その高い施工力があったからこそ、N邸はご夫婦が望んだ通りの住まいとなった。
詳しく見る
岡田工務店_新築_1Fリビング

奈良の木と工夫でいっぱいの、親子で暮らす“やさしい家”

岡田工務店 岡田一級建築士事務所
『岡田工務店』のコンセプトである「優しい家」とは、“家族・家計・環境に優しい”ことを指す。今回同社で建て替えを行ったM様邸も、そんな「優しい家」として設計・施工された住まいだ。もともと建築物の高さ制限がある地域であり、また隣家が近く敷地が細長いといった諸々の条件がありながらも、完成した家は開放感と自然光の明るさでいっぱいのM様邸。これは、勾配天井による高低差を生かした空間レイアウトと、2階のテラスを間取りの中央に配置し、また窓の位置なども徹底して検証することで、1階も含めた室内全体に自然光を取り込めるよう工夫した結果ゆえのこと。「エアサイクル工法」による“夏の涼しさ・冬の暖かさ”にも、ご家族そろって満足できる家となった。   ■写真:広々とした1階のリビング・ダイニング。天井部は、圧迫感をより軽減できるよう梁などの構造材を見せた仕様に。また一部を吹き抜けにすることで、2階からの光が届くようにしている。
詳しく見る
ZENHOME_新築_外観

あたたかみあふれるナチュラルなお家

ZENHOME
建築にご興味がある旦那様と、ご家族と、「ZENHOME」で間取りを考え、家づくりが進められた。打ち合わせのなかで、奥様はムーミンがお好きだと話にあがり、壁紙は奥様が選ばれることに。旦那様が考えた間取りと奥様の選ばれた壁紙が、ナチュラルにしっくりと馴染んだお家になっている。 家族の生活・家事動線に無駄がなく、自然素材で健康に暮らせる、あたたかみのあるお家が完成した。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_ダイニングキッチン

心地よさが広がる、“桧づくし”の家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
三年以上も前から、一戸建ての新築を計画していたというE様ご夫婦。しかし、条件に合った土地とはなかなか出会うことができなかった。そんなお二人は、“木の家に対する憧れ”もあったことから、『サイエンスホーム奈良店』に相談してみたそう。すると、同社のサポートで土地はすぐに見つかり、やっと本格的な住まいづくりに取り掛かれたという。 土地を探す間にも、大きく膨らんでいった“理想の住まい”のイメージ。それらをしっかりと盛り込みつつ、ついに完成したこちらのE邸。奥様こだわりのキッチンを軸にプランニングされたその間取りは、大きな吹き抜けが住まい全体に明るさと開放感をもたらし、また一箇所にまとめられた水回りで家事効率にも優れている。LDKに広いスペースを使いながら、大きな収納やパントリー、さらにデスクスペースといった“暮らしを快適にする設備”も充実。もちろん、“木の家”ならではの清々しさや、高い断熱性が生む温熱環境の快適さも備わっている。 住まいの完成を心待ちにしていたのは、当時3歳だったお子様も同じ。ご夫婦には毎晩のように、「僕の家はかっこいいから、みんなに遊びに来て欲しい!」と話しているそうだ。また奥様も、「何年も住み続けているような、自然な感じで落ち着く家です」と満足そう。三年分の想いをたっぷり詰め込んだ住まいは、すべてがお気に入りの“自慢の我が家”となった。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_ダイニング団らん

つくり手が自らの理想を詰め込んだ、「真壁づくり」と「ZEH」の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
『サイエンスホーム』の実力を 自らが体感し、伝えるために 良質な桧がふんだんに使われた空間に、お施主様の選んだオシャレな家具や雑貨がなじむこちらの住まい。実はこの物件、『サイエンスホーム 奈良店』を運営する『カーペンターズハウス』の代表の自邸であり、〝普段お客様に提案しているプランニング〟に沿って建てられたものだという。そしてこちらの設計プランには、もう一つのテーマが。代表によるとそれは、「40坪の敷地に建てた延床35坪という限られた空間に、いかに利便性とこだわりを詰め込むかに挑戦しました」とのことだ。 住まい手それぞれに合わせたプランを提案するのが、同社の家づくりの基本。こちらでは、家族それぞれが服や靴をたくさん持っていることから、リビング階段を活用した3ヶ所の収納スペースや、2階の個室にウォークインクローゼットを設けるなど、大容量の収納空間を確保した設計に。また、柱や梁を現しにした「真壁づくり」も同社の家の特長で、柱や造作棚など木部の塗装には、〝木の質感〟を損なわないワトコオイルが使用されている。そして同社が推奨する「ZEH」も採用したことで、光熱費は以前の住まいに比べ、圧倒的に安くなったそう。 「この住まいが完成してからは、外で飲むことが減って、家で晩酌することが多くなりました」と代表。そういった意味でも、家計にやさしい住まいとなっているようだ。
詳しく見る

もっと見る

1〜12件/100件中