奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

イースマイル_新築_LDK人物

ステップフロアの2 階リビングが、ゲストとの“ ほどよい距離感” をつくる家

ZERO-CUBE 奈良本店(イースマイル)
「Z ERO-CUBE STEPFLOOR 」という選択で 絵画が映える“ギャラリーを兼ねた住まい”を実現 住まいの至る所に絵が飾られているのは、ご主人が画家を職業とされているから。F様ご夫婦は新居を構えるにあたり、その住まいが“ギャラリーやアトリエとしても機能すること”を求め、また“たくさんの画材を収納できる倉庫も必須”としていたそう。そして『イースマイル』が提供するセミオーダー型の規格住宅「ZERO-CUBE シリーズ」の数ある商品から、建物上階にLDKがレイアウトされ、さらにリビングとキッチン・ダイニングの間に“あえての段差”が設けられた「ZERO-CUBE STEPFLOOR 」を選択したのは、お客様を迎えるパブリックエリアと普段の暮らしで使うプライベートエリアに“ほどよい距離感”をつくり出せると考えたからだ。それだけにギャラリーとして使う空間は、作品が映えるようモノトーンを基調にコーディネート。家具類もシンプルなデザインで統一し、すっきりと上品な装いに仕上げている。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_木製ガレージ

オールド・イングランドの桧の家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
車やバイクを自分の手で整備したり、集めたアンティーク小物を飾っておくために、「木のガレージを建てる」ことを絶対条件として住まいづくりに挑まれたY様。『サイエンスホーム奈良店』に依頼を決めたのは、同社が主催する無料の「家づくりセミナー」をご夫婦で受講したことがきっかけになっているそうだ。その会場だった同社モデルハウスで、“室内空間の心地よさ”や“木の温もりに溢れたデザイン”に、強く魅力を感じたのだという。 外観は、明るめのベースカラーに濃い色合いの木目を織り交ぜた、ナチュラルな印象の仕上がり。その一方で室内は、床も柱もダークカラーに塗装された、落ち着いた雰囲気となっている。置かれた家具は、そのどれもが凝ったデザイン。特にリビングのロッキングチェアが印象的で、その存在が住まいの趣をさらに引き立てている。Y邸にある家具や小物は、今回の住まいづくりで造作した物を除くとほとんどがイギリス製。コレクションケースやキッチンの収納棚にも、カップ&ソーサーをはじめとしたご夫婦こだわりの品々が並んでいる。 絶対条件だったガレージに置かれているのは、オールドタイムのミニクーパーと2台のバイク。休みの日、ここはY様の遊び場だ。奥様はその時間、ガレージの外で植栽の手入れを楽しんでいるそう。Y邸は、暮らしを存分に満喫できる、最高の住まいとなったようだ。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ライフスタイルに寄り添った人もペットも楽しく暮らせる家

ZENHOME
「4匹の愛犬たちと楽しく暮らしたい」そんな想いをかなえた住いは、リゾートペンションの一室のような明るく開放的な平屋住宅。 家族みんなが一日の大半をリビングで過ごすというライフスタイルに合わせた広いLDKは、空間に一層の広がりをもたらしている。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_ダイニング団らん

つくり手が自らの理想を詰め込んだ、「真壁づくり」と「ZEH」の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
『サイエンスホーム』の実力を 自らが体感し、伝えるために 良質な桧がふんだんに使われた空間に、お施主様の選んだオシャレな家具や雑貨がなじむこちらの住まい。実はこの物件、『サイエンスホーム 奈良店』を運営する『カーペンターズハウス』の代表の自邸であり、〝普段お客様に提案しているプランニング〟に沿って建てられたものだという。そしてこちらの設計プランには、もう一つのテーマが。代表によるとそれは、「40坪の敷地に建てた延床35坪という限られた空間に、いかに利便性とこだわりを詰め込むかに挑戦しました」とのことだ。 住まい手それぞれに合わせたプランを提案するのが、同社の家づくりの基本。こちらでは、家族それぞれが服や靴をたくさん持っていることから、リビング階段を活用した3ヶ所の収納スペースや、2階の個室にウォークインクローゼットを設けるなど、大容量の収納空間を確保した設計に。また、柱や梁を現しにした「真壁づくり」も同社の家の特長で、柱や造作棚など木部の塗装には、〝木の質感〟を損なわないワトコオイルが使用されている。そして同社が推奨する「ZEH」も採用したことで、光熱費は以前の住まいに比べ、圧倒的に安くなったそう。 「この住まいが完成してからは、外で飲むことが減って、家で晩酌することが多くなりました」と代表。そういった意味でも、家計にやさしい住まいとなっているようだ。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_平屋外観

小屋裏のロフト空間が暮らし方を広げる、地形を生かした「平屋&ロッジ風」の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
土地の条件を生かして、平屋の空間にさらなる広がりを 「立地が気に入った」とM様ご夫婦が購入したその土地は、高低差が最大で3メートルもある傾斜地。この場所に「地形を生かした平屋を建てたい」と考えたM様ご夫婦は、不動産業者から「ここなら希望がかなうだろう」と『サイエンスホーム 奈良店』を紹介してもらったそう。そして同社が過去に手掛けてきた住まいの仕上がりの良さや、住宅としての性能の高さも知ったことで、安心して依頼を決めたという。 外観は、長いウッドデッキと鎧張りにした杉板の壁、そして大きな切妻屋根が、まるで山岳に建つロッジのよう。また室内の装いは、飴色に塗装された床や柱から〝真新しさ〟よりも〝懐かしさ〟が感じられる。間取りは家族が一つのスペースに集まって過ごせるようにと、広々としたLDKと和室を並べてレイアウト。奥様お気に入りのステンレス製キッチンは、リビング全体を見渡せるよう対面式に。また「将来家族に迎える予定の芝犬が、家の中と外を元気に走り回れるように」と、玄関からリビング、そしてウッドデッキともつながる長い土間スペースを設けた。シンプルな平屋ではなく〝小屋裏のロフト空間〟も用意したのは、収納場所としてはもちろん、寝室や趣味を楽しむスペースをより快適にするためだ。M様邸は、ご夫婦が望んでいた〝昔っぽさ〟もしっかりとかなった、他にはない住まいとなっている。   ■写真:外観は、その立地や土地の高低差をより生かす計画で、ロッジを思わせるようなデザインに。また外構も、土地の形状と芝生や草木をうまく使って、建物と美しく調和するように。住宅街の中でもひときわ存在感のある、魅力的な姿に仕上がっている。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_キッチン

暮らしに“程よい距離感”を計画した、木の温もりでいっぱいの二世帯住宅

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
憧れていた〝木の住まい〟に 世帯それぞれの想いを込めて こちらは、玄関ホールを共有スペースに暮らし方を分けた二世帯住宅で、「同じ敷地に並ぶ実家と祖父母の空き家を、一棟に建て替えました」とU様。その家づくりを『サイエンスホーム 奈良店』に依頼したのは、同社ならではの〝木の素材感をたっぷりと味わえる家〟に強く惹かれたからだった。特に奥様は、「コンクリートの家が多い沖縄出身なので……」と〝木の家に備わる温もり〟に強く憧れていたそうで、同社のモデルハウスを初めて見学したときには、ご夫婦そろって「ここに頼めば間違いない」と直感したという。 U様世帯の住空間は、暮らしやすさを重視した間取りが特長。1階のキッチン奥には大容量のパントリーを設け、家事の多くを一箇所でこなせるよう洗面脱衣室もゆったりとしたスペースに。「二人の趣味を満喫できるように」と、リビングはプロジェクターの設置を前提に計画し、小屋裏ロフトには読書用の部屋もつくった。一方、ご両親世帯の住空間は先々の暮らしやすさを考えたプラン。LDKは柱が動線を遮らない大空間で、リビングには掘りごたつも。また階段も緩やかにして、上り下りの負担を少なくしている。さらに両世帯ともがそれぞれに、一緒に暮らす愛猫たちが心地よく過ごせる環境も整えた。世帯同士に程よい距離感がありつつも、一つの家族として寄り添い合える住まいに仕上がっている。
詳しく見る
リビングデザイン_新築_ダイニングスペース

立地を最大限に生かした遊び心のある家

一級建築士事務所リビングデザイン
高低差のある敷地も好立地へと変えた 見晴らしの良い高台に建つ、気持ちの良い家 閑静な住宅街に建つK邸。高低差のある複雑な地形ではあったが、『リビングデザイン』と土地探しから一緒にできたことで、一級建築士の見立てにより、マイナス面はその土地の特徴へと変換されて住まいの構想は広がった。 白い天然石が貼られ高級感あふれる玄関から続くのは、大きな掃き出し窓からの景色が良い、明るく開放的な吹き抜けリビング。白を基調とした中に黒色のアイアンや濃いブラウン系の扉など、異なる色や素材をセンス良く合わせることでラグジュアリーな空間が演出されている。デザインの良さに加え、機能性もたくさん備えた家づくりができるのも同社の強み。K邸で注目すべきは玄関とリビングをつなぐ、2つ目の動線上にある5.5帖のファミリークローク。洗濯機や折り畳み式のアイロン台も同空間に設置され、洗濯を終えた衣類やタオルなどがその場で片付けられる。生活感が排除されたホテルのような洗面室には、隣のファミリークロークの洗濯カゴへとつながるランドリーシュートを設置。「脱いだ物はそのままにしたくない」という奥様のご要望に応えた、参考にしたいアイデアが満載だ。2階には眺望の良い渡り廊下があり、季節や時間帯によって違う風景が眺められるのもK邸の魅力のひとつ。立地を最大限に生かした家づくりが実現し、オンリーワンの住空間の完成となった。
詳しく見る
リビングデザイン_新築_リビング

愛猫も嬉しい! 家族みんなが心地いい家

一級建築士事務所リビングデザイン
センスの良さと機能性を兼ね備えた 人も猫も“おうち時間”が楽しくなる家 『リビングデザイン』のモデルルームを見て、「ここで家を建てたい」と決められたY様。家族はもちろん、愛猫にとっても快適な暮らしを実現したY邸には、暮らしを楽しめるアイデアが詰まっている。ご主人のお気に入りは、シアタールームにもなるリビング。大きなスクリーンはテレビ上に収納され普段は見えることはないが、これも同社モデルルームの仕様をそのまま採用。使いたいときにだけスクリーンを出して大画面で映像が楽しめるという、映画好きのご主人にはたまらない空間が実現した。リビング上の梁はキャットウォークとなり、壁に掛けられているのは猫専用ボックス。インテリアの要素がありつつも、猫には寛ぎの場所になっている。奥様のこだわりは大容量の収納に加え、無駄な動きをしない家事動線の良いキッチン。家族も猫も、家で過ごす時間が愛おしくなる、そんな理想の住空間。
詳しく見る
リビングデザイン_新築_リビング

希望を具現化する確かな設計力が、家族も愛猫にも心地よい空間を実現

一級建築士事務所リビングデザイン
「車3台分のスペースを確保しつつ、2匹の猫が室内で楽しく運動できる住まいを」というのがI様ご夫婦からのオーダー。敷地は北側が道路に面し、奥へと長い形状だ。そこで『リビングデザイン』の代表・井上氏は、T字型の建物を右に90°回転させた設計プランを提案。こうすることで北東側に駐車スペースを、そして日当たりの良い南東側に庭を設けられる。この庭に沿ってLDKをレイアウトし、くつろぎの空間に明るさと広がりを生む計画だ。キャットウォークは2階も含め、家中をぐるりと巡れるよう準備。家事動線も、水まわりを一列に並べることでスムーズに。また空間の装いは、シンプルモダンをベースにご夫婦好みのアンティーク要素を散りばめた。こうしてI様邸は、ご夫婦の要望とセンス、そして“井上デザイン”を融合させた住まいに仕上がった。 ■写真:LDKは、敷地の南東側が開けるようL字型に配置。その結果、空間に奥行きと広がりが生まれた。
詳しく見る
ハウ・ツゥ・ライブ_新築_LDK

ダイニングを中心に家族とペット、みんなの笑顔を育む自然素材の家

ハウ・ツゥ・ライブ
自然素材の家に溢れる 家族のあたたかみ 大きな国道から一本奥に入ったところに古くからある住宅地。新旧様々な家が建ち並ぶ中にあってもひときわ目立つ、抜けるような白い外壁とアイアンの妻飾りやレンガを用いたセンスあるお住まいが今回ご紹介するH様邸です。以前からシックハウスの症状に悩まされていた奥様のご意向で、自然素材を使った住まいづくりのできる会社を探していたところ、『ハウ・ツゥ・ライブ』が提案する自然素材を使った自由設計の住まいづくりに魅力を感じられたそうです。 隣のお住まいと近接しているため窓を大きく付けられない立地だったのですが、窓の位置や大きさを工夫したり室内も真っ白な漆喰にすることで、室内に入ると驚くほど明るいリビングが広がっています。天然木をふんだんに使った味わい深い空間は、奥様が趣味で作られたドライフラワーなどカワイイ雑貨との相性もピッタリ。家を建ててから遊びに来られる方も増えたそうで、あたたかく居心地の良い空間に、ついついみなさん長居してしまうと言われるそう。 デザインと使い勝手を 両立させた 究極の心地良さを追求 新しい家での暮らしを考えた際、どうしても犬を飼いたかったというH様。そこで階段下のデッドスペースを活用して、犬専用の部屋をつくりました。そこにベッドや水飲み場を設けることで、人間の動線を邪魔せず犬にとっても快適な空間となりました。また、アイランド風キッチンも奥様の自慢。隠したいものは見えないようにしながらも、キッチンからはLD全体が見渡せるようになっていて、家族とのコミュニケーションが取りやすいよう考慮されています。造作家具も見た目の良さはもちろん、収納力や使い勝手も考え抜かれていて「家事もぐっと楽になりました」と奥様。デザインにこだわりつつも様々な住みやすさの工夫が随所に盛り込まれています。
詳しく見る
吉川住研_新築_

スローライフを豊かにしてくれる“なんだか良い”住まい

吉川住研
「シンプルだけど何だかすごく良い」。『吉川住研』で家づくりした人はその住まいをこう評する。フォルムの美しさと自然素材の持つ風合いを最大限引き出した設計は、住むほどに味わい深くなる。M様もそんな同社の家づくりに魅せられた一人。周囲を木々に囲まれた山の奥に建てられた今回紹介のM様邸。そのロケーションを存分に楽しめるよう窓の配置を計算し、全ての窓がまるで絵画のように美しいピクチャーウインドー。漆喰や天然石・無垢材を絶妙なバランスで組み合わせることにより、シンプルながら上質さを感じる空間となっている。開放感とリラックス感を兼ね備えた“ちょうどよい”間取りに使い勝手の良さを計算した収納。スローライフをより豊かなものにしてくれる、ナチュラルラグジュアリーな住まいである。
詳しく見る
秦建築_新築_ダイニング

ペットも快適に暮らせる、空間を贅沢に使った住まい

秦建築
軒裏に桧の無垢材を贅沢に使ったスタイリッシュな雰囲気のO様邸。家が長持ちする断熱工法“エアサイクル工法”を採用しているのも特徴である。LDKをあえて2階にすることで隣の家と隣接していても日当たりの良さを確保するなど、空間を効果的に使うことで、広々とした大空間を実現。また「2匹の愛犬も快適に過ごせたら」とのO様からの要望で、犬たちが急に外へ飛び出ないよう玄関をあえて道路と直角に配置したり、室内を行き来しやすいよう通路を通常より1.5倍広くするなどペットにも配慮した間取りに。さらに木の扱いに長け伝統的な日本家屋を得意とする同社の強みを生かし、無垢材を使って階段や窓枠、オリジナルの収納を造作するなどして空間に上質さをプラス。人間も犬も快適に暮らせる住まいに仕上げた。
詳しく見る