奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

サイエンスホーム奈良店_新築_リビング

「小屋裏ロフト」との程よいつながりが、開放感と明るさを生み出す平屋の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
広く明るく、快適・安心! バリアフリーの〝木の平屋〟 奈良県内の家づくり企業が集まるイベントで、『サイエンスホーム 奈良店』を知ったT様ご夫婦。その時は「いつかは家を建てたい」という興味本位での来場だったというが、「憧れの“木の家”が想像よりも低コストで建てられる」と知り、そのまま同社での住まいづくりを決めたそうだ。T邸は「平屋+小屋裏ロフト」の家で、その上下のフロアに“程よいつながり”を感じられるよう設計されている。1階のリビングは全面が吹き抜けで、上階に向けて高くなる勾配天井が住まいにより大きな開放感を創出。リビングに大空間を求めたのは、楽器演奏を趣味にしているご夫婦が、音楽仲間と集まって演奏会をするためだ。その際に屋外への音漏れを気にしなくて済む“気密性の高さ”も、同社に依頼を決めた理由だという。また玄関アプローチのスロープをはじめ、1階のあらゆる空間がバリアフリーになっている点もT邸ならでは。これは、障がいを持つお子様が安心して暮らせるようにするためで、間取りや動線もお子様にとっての安全性・快適性を軸に考えられた。そして室内のコーディネートは、“和モダン”をテーマに計画したもの。自然塗料を使って柱や梁をやや濃い色に塗装したことで、住まいの全体が落ち着いた印象に仕上がった。ご夫婦もお子様も遊びに来るゲストも、誰もがのびのびと過ごせる魅力的な住まいとなっている。   ■写真:室内の装いは、床を除くすべての木部がダークトーンで統一された、落ち着いた印象。リビングは“小屋裏ロフト”に向かって高くなる勾配天井によって、全面が吹き抜けとなっている。そのおかげで、平屋建て住宅にありがちな“建物中心部の暗さ”はまったく感じない。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_LDK

木製格子が映えるブルックリンスタイルの家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
奥様のご実家が『サイエンスホーム 奈良店』を運営する『カーペンターズハウス』で住まいをリフォームしていたため、同社のことは前々から知っていたというS 様ご夫婦。しかし、“新築の住まいがどんなものなのか”を知ったのは、モデルハウスを見学した時が初めてだった。その際に、温熱環境の快適性や木の温もりを肌で実感し、「絶対にサイエンスホームで家を建てたい!」と強く思ったそうだ。 土地はすでに購入していたものの、「最初は何から始めていいのかも分からなかった」というS様ご夫婦。それでも経験豊富な同社のサポートにより、想像よりもずっとスムーズに進められたという。ご夫婦はその工程を、「新しい暮らしや子どもの将来を想像しながら理想の家を考えるのは、とてもワクワクする時間でした」と振り返る。そんなS 邸のデザインコンセプトは、「ブルックリン+ナチュラル」。特に室内は、やや濃い色で塗装した木部と、ご夫婦がお好きなアイアンを使った家具で、ビンテージ感がしっかりと表現されている。その空間の中で最も存在感を放っているのは、一枚板のダイニングテーブルだ。これはキッチンとカウンターも一体となった同社造作の品で、ご夫婦にとってもお気に入りの家具となった。完成した我が家に対する感想を聞いてみたところ、「住み心地よく、何一つ後悔のない家になりました」と、ご夫婦そろってとても満足そうだった。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ナチュラルな空間にアメリカン要素をプラスした家

ZENHOME
二世帯住宅で、三世代が気兼ねなく暮らせるよう設計された。玄関は広く、ベビーカーもそのまま入れて、親御様世代は狭い範囲で完結できるように動線を考慮。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_LDK

夢見た古都での暮らしに似合う、古民家風の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
大学生時代に暮らした奈良が大好きで、「いずれはここを永住の地にしよう」と考えていた奥様。こちらK邸は、“長く抱いてきた奥様の夢”を実現させた住まいだ。 奈良で過ごしていると感じる“落ち着いた雰囲気”が好きで、“情緒ある歴史的な建造物”も好きだから、K邸の装いは古民家テイスト。外観は白×黒の2トーンを主体としたデザインで、室内の木部も床以外はすべてが黒色。白い壁や天井、そして“無垢の桧”の明るい色合いをそのまま生かした床との組み合わせは、まさに“現代版の町家”といった印象だ。間取りを見てみると、1階にレイアウトされているのはLDKと水回りのみ。おかげでリビングはゆったりとし、「子どもが自由に走り回って遊べる家にしたい」というご夫婦の希望がしっかりとかなっている。またキッチンと一体型の“ダイニングテーブル&カウンター”は、ご夫婦厳選の一枚板で造作されたもの。「家族団らんの時間も、夫婦の時間も、このテーブルで過ごしていることが多いです」とご夫婦が口をそろえる、“住まいのシンボル”と呼ぶに相応しい存在となった。そしてご夫婦一番のこだわりは、小屋裏ロフトから“若草山と奈良の街”を望めるようにしたことだ。「家族みんなで山焼きを眺めながら、夫婦でお酒を飲みたいです」と、ご夫婦はこの住まいで初めて過ごす奈良の早春を、今からとても楽しみにされているご様子だった。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_LDK

子どもたちと一緒に成長していく桧の家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
元気なお子様たちとのびのび暮らしていける住まいを求め、I様ご夫婦はいくつもの工務店やモデルハウスを訪問したそう。そのなかで最も気に入ったのが、『サイエンスホーム奈良店』の手掛ける“桧づくしの家”だった。「モデルハウスで知った“木のぬくもりを感じる内装”と、“吹き抜けのある広々としたリビング”がとても気に入ったんです」と奥様は言う。 同社と一緒に土地を探していた半年間を含め、間取りを決めるまでにたっぷりの時間を掛けたI様ご夫婦の住まいづくり。お二人が特に悩んだのは、“LDKとつながる和室”をどこに置くかだ。結果的にその和室は、玄関ホールに一番近い場所へ配置。二方向に引き違い戸を備えているので、普段はLDKの延長として開放的に使え、必要があれば個室にもできる、柔軟性に富んだ部屋となっている。ご主人がこだわりを込めたのは、アイアンウッドを用いたデッキスペース。ここもLDKとフラットにつながり、家族や友人とBBQも楽しめる“アウトドアリビング”として大活躍しているそう。 「今のリビングは、家族みんなが自然と集まる、楽しくて居心地のいい空間です。でも子どもたちがもっと成長したら、リビングに植物を置いて育てたり、大きなスクリーンで映画を鑑賞したりと、どんどん変化させていこうと思ってます(笑)」と奥様。I邸は、時間の流れと共に違った表情を見せてくれる住まいのようだ。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_リビング

重厚な門屋で「和の趣」を表現した桧づくしの家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
住まいづくりのパートナーを探すにあたり、N様ご夫婦はまず住宅雑誌から複数の工務店をピックアップ。それぞれのモデルハウスを見学した後、最終的に『サイエンスホーム奈良店』を選んだのは、代表の槌谷氏が高い建築技術を持つ腕利きの大工棟梁だったからだ。それというのも、ご夫婦が求めていたのは“町家を思わせる純和風の住まい”を実現することだったから。そんな想いに対し同社は、漆喰塗りと鎧張りによる重厚な門屋や、2階の窓に備えた高欄手すりなどで応え、その外観を雅趣に富んだ姿に仕上げた。 室内の装いも、木部を濃い色に、壁は白にして“町家テイスト”に。そして間取りは、“子育て”と“将来の暮らしの変化”に配慮してレイアウト。玄関ホールとリビングの両方からつながる場所には、育児に何かと便利な和室を配置し、また産休後に職場へ戻った奥様が毎日の家事をよりスムーズにこなせるよう、キッチンや洗面室も広くとっている。2階のオープンスペースは、キッズルームや室内物干場としても使え、さらに必要があれば容易に個室へと変更可能だ。そして寝室の横に置いた書斎は、昨今の在宅ワークにも重宝しているという。 なお、門屋の建築事例は、全国の『サイエンスホーム』加盟店でも同社が初めてのこと。その高い施工力があったからこそ、N邸はご夫婦が望んだ通りの住まいとなった。
詳しく見る
ZENHOME_新築_外観

あたたかみあふれるナチュラルなお家

ZENHOME
建築にご興味がある旦那様と、ご家族と、「ZENHOME」で間取りを考え、家づくりが進められた。打ち合わせのなかで、奥様はムーミンがお好きだと話にあがり、壁紙は奥様が選ばれることに。旦那様が考えた間取りと奥様の選ばれた壁紙が、ナチュラルにしっくりと馴染んだお家になっている。 家族の生活・家事動線に無駄がなく、自然素材で健康に暮らせる、あたたかみのあるお家が完成した。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_ダイニングキッチン

心地よさが広がる、“桧づくし”の家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
三年以上も前から、一戸建ての新築を計画していたというE様ご夫婦。しかし、条件に合った土地とはなかなか出会うことができなかった。そんなお二人は、“木の家に対する憧れ”もあったことから、『サイエンスホーム奈良店』に相談してみたそう。すると、同社のサポートで土地はすぐに見つかり、やっと本格的な住まいづくりに取り掛かれたという。 土地を探す間にも、大きく膨らんでいった“理想の住まい”のイメージ。それらをしっかりと盛り込みつつ、ついに完成したこちらのE邸。奥様こだわりのキッチンを軸にプランニングされたその間取りは、大きな吹き抜けが住まい全体に明るさと開放感をもたらし、また一箇所にまとめられた水回りで家事効率にも優れている。LDKに広いスペースを使いながら、大きな収納やパントリー、さらにデスクスペースといった“暮らしを快適にする設備”も充実。もちろん、“木の家”ならではの清々しさや、高い断熱性が生む温熱環境の快適さも備わっている。 住まいの完成を心待ちにしていたのは、当時3歳だったお子様も同じ。ご夫婦には毎晩のように、「僕の家はかっこいいから、みんなに遊びに来て欲しい!」と話しているそうだ。また奥様も、「何年も住み続けているような、自然な感じで落ち着く家です」と満足そう。三年分の想いをたっぷり詰め込んだ住まいは、すべてがお気に入りの“自慢の我が家”となった。
詳しく見る
岡田工務店_新築_吹き抜けLDK

希望をかなえる工夫が詰まった、家族の笑顔が見える住まい

岡田工務店 岡田一級建築士事務所
O邸の設計にあたって、担当の岡田氏が大切にしたのは「住まう家族のコミュニケーション」。それは、O様の奥様からの、「いつも家族の姿を見ていたい」という希望に対する答えだった。キッチンに立てば、リビングも和室も見渡せる。リビングからは、大きな吹き抜けを通して2階まで視線が抜ける。誰がどこにいても、互いの気配を感じられるのだ。もちろん「暮らしやすさ」もしっかり配慮。シューズクロークから本の収納専用の小部屋まで、O様の意向を深く理解した上での間取りだ。またO邸は、『岡田工務店』が採用する新しいコンセプト「優しい家」をカタチにした住まいでもあり、家が呼吸する「エアサイクル工法」を採用したパッシブハウスである。   ■写真:大きな吹き抜けから自然光が降り注ぐ、開放感いっぱいのリビング。ここからはなんと、2階のフリースペースと、さらにその上の小屋裏収納スペースまで視線が抜ける。家族が家のどの場所にいても互いの存在を感じられる設計だ。また、床には肌触りの良い杉のフローリングが採用された。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_平屋外観

小屋裏のロフト空間が暮らし方を広げる、地形を生かした「平屋&ロッジ風」の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
土地の条件を生かして、平屋の空間にさらなる広がりを 「立地が気に入った」とM様ご夫婦が購入したその土地は、高低差が最大で3メートルもある傾斜地。この場所に「地形を生かした平屋を建てたい」と考えたM様ご夫婦は、不動産業者から「ここなら希望がかなうだろう」と『サイエンスホーム 奈良店』を紹介してもらったそう。そして同社が過去に手掛けてきた住まいの仕上がりの良さや、住宅としての性能の高さも知ったことで、安心して依頼を決めたという。 外観は、長いウッドデッキと鎧張りにした杉板の壁、そして大きな切妻屋根が、まるで山岳に建つロッジのよう。また室内の装いは、飴色に塗装された床や柱から〝真新しさ〟よりも〝懐かしさ〟が感じられる。間取りは家族が一つのスペースに集まって過ごせるようにと、広々としたLDKと和室を並べてレイアウト。奥様お気に入りのステンレス製キッチンは、リビング全体を見渡せるよう対面式に。また「将来家族に迎える予定の芝犬が、家の中と外を元気に走り回れるように」と、玄関からリビング、そしてウッドデッキともつながる長い土間スペースを設けた。シンプルな平屋ではなく〝小屋裏のロフト空間〟も用意したのは、収納場所としてはもちろん、寝室や趣味を楽しむスペースをより快適にするためだ。M様邸は、ご夫婦が望んでいた〝昔っぽさ〟もしっかりとかなった、他にはない住まいとなっている。   ■写真:外観は、その立地や土地の高低差をより生かす計画で、ロッジを思わせるようなデザインに。また外構も、土地の形状と芝生や草木をうまく使って、建物と美しく調和するように。住宅街の中でもひときわ存在感のある、魅力的な姿に仕上がっている。
詳しく見る
建築工房和_新築_LDK

十津川産の杉香る、南から北へ風が抜ける家

建築工房 和 -nagomi-
自然素材で健康に暮らす 大屋根のある家が夢だった  『建築工房 和』が手掛ける家の特徴は、ほぼ100%十津川産の木材を使っているということ。見えている部分だけでなく、すべて十津川産の木材が使われていることに、驚くお施主様も多い。数多くの工務店やハウスメーカーを尋ねて「どんな家を建てたいのか」を相談し、妥協することなく工務店選びをしたN様ご夫婦。そして、最終的に『建築工房 和』に決めた理由は、自然素材を使っていることに加え、担当設計士・熊谷さんの人柄だったという。   生活&家事動線に無駄なし ストレスフリーな住まい 間取りで注目すべきは、無駄のない動線だ。「玄関→洗面スペース・洗濯ゾーン→クローゼット→パントリー→キッチン→リビング」というリビングに物を持ち込まない生活動線は、住んでみると想像以上に快適だそう。帰宅したら玄関から洗面スペースに直行し手を洗い、隣のクローゼットで上着を脱いで、そのままキッチンへ。すべて引き戸で仕切られているため、掃除もしやすく、生活動線と家事動線の無駄がまったくない。 現在子育て真っ只中のN様。夜中にミルクを作ったり、おむつを替えたりすることもあるので、リビングの一角にある小上がり和室に家族3人で寝ているそう。段差を利用した引き出しには、赤ちゃん関連の日用品を収納。「片手でさっと取り出せるのが便利」と細やかな配慮の行き届いた設計に奥様も大満足。   家づくりに積極的に関わり 好きな場所がいっぱいの家 実はキッチンの角部分にある角材は、N様が『建築工房 和』主催の十津川森林ツアーに参加し、デモンストレーションで切り倒した木を製材したもの。また、外壁も室内も多くの部分に、空気中の有害化学物質を吸着し、消臭効果・調湿性の高い漆喰仕上げを採用。子ども部屋の壁はご夫婦も漆喰塗りに挑戦し、いい思い出になったという。 天井のダウンライトに加えて、間接照明の柔らかい灯りがリビング全体を包み込む。「ソファに座って、吹き抜けの空間を見上げてのんびりしているときが幸せ」と話すN様、納得の住まいとなった。 ■写真:床は十津川産の杉の無垢材を使用。杉は、湿度の高い夏はさらっとしており、冬場は素足で歩いても温かいのがうれしい。
詳しく見る
なかむら工務店_新築_LDK

上北山村の大自然と清流が家族の原風景、光が差し込む明るくて風通しの良い家

なかむら工務店
3Dパースで空間イメージを共有 施工前にお客様の不安を解消 お施主様K様となかむら工務店の中村氏は高校の同級生。家を建てるなら以前から『なかむら工務店』に依頼しようと決めていたそう。上北山村は人口600人弱という小さな村。「若い人がどんどん村を出て行く中で、自分たち家族が上北山村にいる意味」をずっと考えていたとご主人は話す。奥様も自然に囲まれた場所で子育てすることに大賛成だったことから、この地で家を建て替えることになった。 以前は1階にリビングがあり、日中でも暗かったことから、2階リビングを希望。「冬が寒い地域なので、子どもたちがおうち時間を楽しめて、暖かく過ごせる家に」といった想いを伝えたところ、最初からほぼ今の間取りを提案されたという。 1面1面デザインや素材にこだわった窓が大空間のアクセントとなったリビング。2.2mの大きなダイニングテーブルは同社が造作した。また、1階に浴室、洗面、トイレなどの水回り、そして、寝室と大容量のウォークスルークローゼットを設けたことで、子どもたちは朝起きたら、顔を洗って着替えてから2階に上がってくることが習慣になった。 「子どもは宝」という上北山村の人々にとっても、K様邸の新築は大きな関心事だったよう。次々と知り合いが訪れ「まるで毎日が完成見学会のようだった」と笑うご主人。人の集う大満足の住まいとなった。 ■写真:料理をしながら家族の様子が見える対面キッチン。カウンター部分が高くなっていることから手元が見えない点は奥様のこだわり。
詳しく見る

もっと見る

1〜12件/29件中