奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

緑に映える漆黒の平屋

建築工房 和 -nagomi-
風景を取り込む傾斜地の魅力 “日常”と“非日常”が共存する緑に映える漆喰の平屋   平屋に住む。隣に古墳がある、建築条件の厳しい地域に建つ高基礎の平屋。和瓦と銅板の屋根に、漆喰と杉や桧を組み合わせた風景に馴染む住まいは、設計の仕事に携わっている奥様の「二人の家を建てるなら、こんな家を建てたい」という長年温めていた想いが、ご主人の抱く理想と合わさってカタチになったものだ。「大工さんにもいろいろと無理をお願いしました」との言葉どおり、プロならではのこだわりは細部にまで行き届いている。例えば、仕上げ材のつなぎ目に施す「見切り材」を使用せず、ぎりぎりまで漆喰やタイル仕上げに。また、幅木も極力細くし、よりシンプルで洗練されたデザイン性を生み出すなど、さすがの一言につきる。間取りのこだわりは、それぞれの空間が分断されることなく、ゆるやかに連続していること。玄関と土間、そしてLDK、キッチンと連続する間取りは、横とのつながりをどちらの空間にも取り込みより広さを実感、動線にも無駄がない。あちこちにある本棚に好きな本を置き、窓から見える景色を愛で、庭で花や野菜を育て、冬は薪ストーブの火を囲む。誰もが憧れる「ゆとりと余白のある暮らし」がここにはある。 ■写真:「風致地区の傾斜地に、高基礎の平屋を建てる」という制限の多い建築だったY様邸。道路から建物までのアプローチも楽しみのひとつとなるよう計画されている。下から見上げると垂木現しの軒裏が印象的。板戸と漆喰のシンプルな外観は、周囲の風景に馴染み、何とも言えず美しい。
詳しく見る

木の温もりに包まれた北欧テイストの家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
鮮やかなブルーがまち並みに映える 木の温もりに包まれた北欧テイストの家   こちらは、“北欧テイスト”を装いのテーマにプランニングされたI様邸。ご夫婦が『サイエンスホーム 奈良店』での住まいづくりを決めたのは、同社の手掛ける家が「真壁づくり」だったから。柱や梁などの木材が見える室内空間に、ご夫婦は「木の温かみを存分に感じられる」と惹かれたそうだ。サクラ材が採用された床を除き、目に見える木部のすべてにワトコオイルのホワイトを塗装。さらに壁紙も白色を基本とすることで、家具や観葉植物の緑がプレーンな室内空間に仕上げられた。その上でキッチン・ダイニング部にはブルー系の壁紙を用い、広々としたLDKの印象に変化をつけている。大きな吹き抜け空間を彩るのは、リビングに設けられた階段の存在感や、手すりを支えるアイアンの子柱。また2階の主寝室とつながる上部の室内窓も、この開放的な空間のアクセントになった。“暮らしやすさ”に直結する動線や収納の配置・大きさは、ご家族それぞれのライフスタイルを入念にヒアリングして計画。多目的に使える2階のファミリースペースや、趣味の部屋として活躍する小屋裏ロフトなど、魅力に溢れた住まいとなっている。   ■写真:ダイニング部には、スタディースペースも用意。
詳しく見る

ホテルテイストの ラグジュアリー空間

一級建築士事務所リビングデザイン
意匠性と快適さを併せ持つ ホテルテイストのラグジュアリー空間   まるでホテルのような上質で洗練された空間デザインを得意とする『リビングデザイン』。こちらの住まいの主であるN様も、そんな同社の住まいづくりに魅了された一人です。今回N様の求める「邸宅感のある暮らし」のために、まずこだわったのが空間の使い方。 150坪ほどある広々とした敷地を贅沢に使い、住まいの真ん中に中庭を設置。そして、中庭を囲うように玄関・リビング・和室をレイアウトし、各部屋から中庭が眺められるよう、大きな窓も設けています。こうすることで、広すぎるがゆえにのっぺりとしがちな空間に一体感とメリハリをもたらしつつ、風や光の通りも計算し、住まいとしての快適さもプラスしています。また、中庭を設けることはその分延床面積を減らすことになるので、建築費のコストダウンにも一役買っていると言います。さらに、リビングとフラットに繋がる深い軒のウッドデッキも、外と室内を緩やかにつなげ、住まいにより一層の広がりを持たせると共に、天気の良い日はここでゆったりくつろぐこともでき、リゾート気分を更に盛り上げるなど、間取りの取り方ひとつにも同社の緻密な計算が随所に込められています。
詳しく見る

納得の家

建築工房 和 -nagomi-
末永く暮らす家だからこそ 性能も構造も妥協しない 人任せにしない“納得の家”   多くの時間をかけて、住宅メーカーや工務店をまわり、どのような家づくりを行っているのか、時間をかけて検討したと話すH様ご夫妻。「どれだけ希望どおりに建ててもらえるのか、各社の話を聞き、プランも出してもらいました。住宅メーカーは、細やかな要望には対応してくれず、打合せの時間もあまり取ってくれませんでした」。そんな中、じっくり家づくりに向き合ってくれると確信させてくれた『建築工房 和』との出会いがあったそうです。決め手は「真面目に家づくりをしている工務店」「希望を積極的に取り入れる姿勢」。建築士の熊谷氏の丁寧に耳を傾ける穏やかな雰囲気も良かったとH様は話します。 最新の家づくりについてかなり勉強されていたご主人。高齢のご両親と同居することもあり、冬でも温かく、ヒートショックの心配がないように最新の高気密・高断熱の家であること、防蟻処理など耐久面に配慮した家であること、許容応力度計算による耐震等級3の家であることが希望でした。こうして、性能面への要望をご主人が明確に固め、インテリアやデザイン面を奥様が担当し、ともに納得の家づくりを進めたそうです。
詳しく見る

好きに囲まれ毎日がより楽しくなる一人暮らしのための家

吉川住研
考え抜かれた間取りやフォルムで、 シンプルながら洗練されたデザインと住 み心地のよさにこだわる吉川住研の住ま いづくり。今回手掛けたK邸も同社のこ だわりが随所に込められており、例えば 一見するとごく普通な三角屋根の外観 も、窓の大きさや配置だけでなく、屋根 の軒桁やケラバの厚みといった細部まで 緻密に計算し、普通だけど普通に見えな い建物が最も映える絶妙なバランスを追 求。また生活の中心となるLDKには、天 然の無垢材や漆喰などの自然素材を贅沢 に使用し、既製の建材では出せない上質 感や味わいを演出。さらに女性の一人暮 らしという事で、LDKと水回りをギュッ と一か所にまとめて動線をコンパクトに し、普段の暮らしは1階だけで充分まか なえるようになっている。 その他にも、DIYや手芸が趣味という 施主の要望を汲み取り、2階部分は空間 を贅沢に使い広々としたアトリエスペー スに。居住スペースとアトリエスペース を明確に分けることで、趣味に没頭でき るよう配慮。好きなものに囲まれ、日々 の暮らしがより楽しく快適になる、そん な一人暮らしのための住まいが完成した。   ■写真:フローリングには無垢のパイン材、壁は漆喰をベースにアクセントとして天然の石灰岩も使用。シンプルながらも天然素材ならではの質感が感じられるワンランク上の洗練されたデザインのリビング。
詳しく見る

自然に囲まれ シンプルな中にも個性が光る住まい

吉川住研
周囲を深緑の木々が生い茂り、まるで元からその場所にあったかのように、自然豊かな景観の一部として溶け込んでいる一軒の住まい。山添村の美しい自然に魅せられこの地に住まいを移したというM邸のテーマは、スローライフを楽しむ”ナチュラルラグジュアリー”な住まい。一番のポイントは、抜群のロケーションを存分に楽しめるよう窓の配置を 計算し、全ての窓をまるで絵画のように美しく演出するピクチャーウインドウ。 また、漆喰や天然石・無垢材など自然素材をふんだんに取り入れた、まるでヨーロッパ建築を想起させる空間デザインの妙も、吉川住研が得意とするところ。もちろんデザインだけでなく、住む人の暮らしやすさや快適さにも配慮がなされており、夫婦2人暮らしにちょうどいいコンパクトな間取りや、出し入れしやすく生活感の出にくい収納スペース、空間に視線の”抜け”をつくることで住まい全体をより開放的に見せる工夫など、細かなところにプロの技が見え隠れしている。シンプルな中にも上質感とリラックス感を兼ね備えた、スローライフをより豊かにしてくれる住まいが完成した。   ■写真:生活の中心となるLDK。梁を現しにし天井を高くすることで、空間をより広く立体的に見せている。
詳しく見る
建匠8

セミオーダーで叶えた 最高の眺めを切り取る 北向きLDK のある家

ZERO-CUBE 奈良本店(イースマイル)
公園の隣に建つ、真四角の外観が目を引く「ZERO-CUBE 」の家。土地が見つからず、家づくりが停滞していたとき、以前から気になっていた土地が更地になっていることを知り、すぐ『イースマイル』に連絡をしたと話すM様。「職場や実家、駅、小学校が近く、隣は公園」とすべての条件が揃っていたことから、家づくりが始まった。 住まいのテーマは「大好きなカフェの中に住まう」。ブルックリン風のダークな雰囲気になるよう、建具はネイビー、キッチンはブラックに統一した。プロジェクターの映像を映し出す壁部分は白のクロスにする予定だったが、そこだけ浮いてしまうため、コンクリート風の壁紙へ変更を依頼。ご主人は「スクリーンを後付けにすることで、リビングをイメージ通りにすることができた」と話し、想像以上の仕上がりに大満足のご様子。また、隣家のある南側ではなく、4枚の掃き出し窓から公園が一望できる北側に、大きな開口部をつくった間取りは設計士さんのイチオシだ。建具や設備などを標準仕様から選び、「好き」や「こだわり」をあきらめない住まいが完成。   ■写真:レンガ×コンクリ―ト風の壁紙とアイアンの階段で表情豊かに仕上げたLDK。階段下のキッズスペースは、子どもの成長とともに使い方を変えることも想定。
詳しく見る
luxuryhome3リビングデザイン

西登美ケ丘の家

一級建築士事務所リビングデザイン
そこに居るだけで心が踊る…… 華やかさと暮らしやすさが共存した “上質な毎日”が備わる住まい 柔軟な発想と綿密な改修計画で、 〝住まい手の想い〟を丁寧に具現化……。 生まれ変わったその空間は、日常を特別なものにする。   ■写真:大規模リノベーションで、まるで新築のように生まれ変わったこちら。白を基調に、床の素材感や家具・建具のデザインにもしっかりとこだわり、住まい手が望んだ“高級感あるヨーロピアンスタイル”に仕上げられた。
詳しく見る
サイエンスホーム_新築_リビング

伝統技法を用いた 和モダンデザイン住宅

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
N邸が建つ場所は、建築物の意匠等に規制がある法隆寺風致地区。それゆえに、“和風の外観を備えた住まい”を計画する必要があった。この条件は、『サイエンスホーム 奈良店』での住まいづくりと相性が良い。なぜなら同社の代表・槌谷氏は長く大工棟梁をしてきた人物で、建築技術においてもデザインの計画においても、“和風の住まい”は得意としているからだ。 和瓦を葺いた切妻屋根に、ファサード全面にかかる下屋、その下には縁側を思わせるウッドデッキ……玄関ポーチ部の格子もアクセントに、和モダンな佇まいに仕上げられたN邸の外観。そして室内に広がる“真壁づくり”の空間も、この外観の印象と見事に調和している。LDKをひと続きにレイアウトしたのは、1 階のスペースをより広々と使えるようにするため。さらに縁側風のウッドデッキとつなげることで、“内と外が一体となった空間”を演出。また空間全体の装いは、白い壁とウォールナットカラーに塗装した木部で、“程よく落ち着いた雰囲気”をつくり出している。そして階段下にレコード用のスペースを設けたり、自転車や釣り道具も置けるゆったりとした玄関土間を用意したり、さらには2 階にお子様たちのフリースペースをレイアウトしたりと、“暮らしを楽しむ工夫”もたっぷりと詰まった住まいとなっている。   ■写真:上部が吹き抜けになったリビングは、明るさも開放感も抜群の空間。
詳しく見る
マイ工務店_新築_LDK

大きな吹き抜けでつながる、心地よさ

マイ工務店
吹き抜けを中心として 開放的に暮らしを楽しむ 息子2人が成長し、再び訪れた“夫婦だけの生活を楽しむための終の棲家を”と検討していたY様。たまたま目にした書籍で『マイ工務店』の施工事例を見かけ、「吹き抜けが開放的で豊かな木の質感がある、まさに理想とするデザインだった」そう。 漆喰や木材など厳選した自然素材で包まれたLDKに、吹き抜け部分からたっぷりと陽光が差し込み、心地よい穏やかな空気が流れるY邸。平屋のような暮らし方ができるよう、LDKに水回りや寝室を隣接させ、1階部分で生活が完結できるコンパクトな間取りを採用。吹き抜けを介してつながる2階にはフリースペースと小上がりの畳コーナー、個室を1室配置。普段はご主人の仕事場として使いながら、帰省した息子たちにも快適に過ごしてもらえるよう考慮した。 開放的な間取りの中心に位置する大空間LDKに、バランスよく配置されたペレットストーブやピアノ、そしてご夫婦の思い出が詰まったインテリアの数々。庭はご夫婦が共通の趣味である家庭菜園やガーデニングを嗜み、徐々に華やいでいくことで外構デザインが完成する計画だ。共に生活してきた歴史があるからこそ、無駄は徹底的にそぎ落とし、趣味趣向は自信をもって取り入れることができる。セカンドライフが楽しみになる、“これぞオーダーメード”の邸宅が完成した。   ■写真:リビングを見下ろす2階書斎からの風景。吹き抜け上部の窓からは外の景色を楽しめる。
詳しく見る
サイエンスホーム_新築_LDK

薪ストーブが似合う “桧づくし”の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
Y 様ご夫婦が住まいづくりのテーマに掲げていたのは、「薪ストーブが似合う家」を実現すること。その希望をかなえるため、ご夫婦は複数の工務店に相談していたという。そして最終的に『サイエンスホーム 奈良店』を選んだのは、同社スタッフの丁寧で親身な対応に強く惹かれたからだ。 柱や梁といった構造材に桧を用い、それを室内の意匠として生かす“真壁づくり”で仕上げるのは、同社が手掛ける住まいならではの特長。そんな“木の温もりと香り”でいっぱいの空間に、Y 様がこだわったモダンデザインの薪ストーブがしっくりとなじんでいる。薪ストーブが設置された場所は、LDKとダイナミックにつながる広々とした玄関土間。ダイニングやリビングでくつろぎながら、薪ストーブの炎を感じることが、Y 様ご家族にとっての“冬の醍醐味”となっているそうだ。 玄関土間には、キャンプ道具が片付けられる大容量の土間収納も。さらに玄関部とリビングの間に設けられた“目隠し”を担うルーバーは、スポーツタイプの自転車をディスプレーするスペースとしても生かされた。間仕切りのないLDKや吹き抜けから“住まい全体のつながり”を感じられることも、Y 邸に備わる魅力。そしてリビングの一角に設けられた小上がりの和室や、2 階の吹き抜けに面して設けられたファミリースペースなど、“多目的に使える余白のスペース”もY 邸の特長となっている。
詳しく見る
サイエンスホーム_新築_和室

趣味も暮らしも満喫できる住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
桧の香りと温もりが 暮らしをやさしく包む家 奄美出身の奥様は、以前から“木の素材感を身近に感じられる家”に憧れを抱いていたそう。それだけに、『サイエンスホーム 奈良店』のモデルハウスを見学して感じた“桧づくしの家ならではの香りや温もり”は、毎日の暮らしに「どうしても取り入れたいもの」だったという。 “ナチュラルモダン”をテーマに、木の色合いをそのまま生かした室内の装いは、表情豊かでやわらかな印象。大きな吹き抜けと、そこからたっぷりと降り注ぐ自然光により、LDK全体が明るさと開放感で満ちている。リビングからひと続きになった和室は、“フルオープン仕様”。格子の引き込み戸を二方向に開け放つことで、1階空間をより広々と使うことができる。また奥様こだわりの造作洗面台には、大きな鏡やランタン型のタイルが用いられ、見た目も使い勝手もイメージ通りに仕上げられた。そしてアイランド型を採用したキッチンは、周囲をぐるりと移動できる効率的な動線だ。外観は壁やサッシ、さらに木部も白で統一することで、ダークブルーの屋根がいっそう映えるように計画。ナチュラルで可愛らしいその佇まいは、奥様たっての希望に応えたものだという。「二人それぞれの意見に寄り添ってもらい、自慢の我が家になりました」とN様ご夫婦。〝納得のいく住まいづくり〟を、しっかりとかなえられたようだ。   ■写真:大きな吹き抜けが、室内の全体に明るさと開放感をもたらすN邸。
詳しく見る

もっと見る

1〜12件/46件中