奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

サイエンスホーム奈良店_新築_リビング

「小屋裏ロフト」との程よいつながりが、開放感と明るさを生み出す平屋の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
広く明るく、快適・安心! バリアフリーの〝木の平屋〟 奈良県内の家づくり企業が集まるイベントで、『サイエンスホーム 奈良店』を知ったT様ご夫婦。その時は「いつかは家を建てたい」という興味本位での来場だったというが、「憧れの“木の家”が想像よりも低コストで建てられる」と知り、そのまま同社での住まいづくりを決めたそうだ。T邸は「平屋+小屋裏ロフト」の家で、その上下のフロアに“程よいつながり”を感じられるよう設計されている。1階のリビングは全面が吹き抜けで、上階に向けて高くなる勾配天井が住まいにより大きな開放感を創出。リビングに大空間を求めたのは、楽器演奏を趣味にしているご夫婦が、音楽仲間と集まって演奏会をするためだ。その際に屋外への音漏れを気にしなくて済む“気密性の高さ”も、同社に依頼を決めた理由だという。また玄関アプローチのスロープをはじめ、1階のあらゆる空間がバリアフリーになっている点もT邸ならでは。これは、障がいを持つお子様が安心して暮らせるようにするためで、間取りや動線もお子様にとっての安全性・快適性を軸に考えられた。そして室内のコーディネートは、“和モダン”をテーマに計画したもの。自然塗料を使って柱や梁をやや濃い色に塗装したことで、住まいの全体が落ち着いた印象に仕上がった。ご夫婦もお子様も遊びに来るゲストも、誰もがのびのびと過ごせる魅力的な住まいとなっている。   ■写真:室内の装いは、床を除くすべての木部がダークトーンで統一された、落ち着いた印象。リビングは“小屋裏ロフト”に向かって高くなる勾配天井によって、全面が吹き抜けとなっている。そのおかげで、平屋建て住宅にありがちな“建物中心部の暗さ”はまったく感じない。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ライフスタイルに寄り添った人もペットも楽しく暮らせる家

ZENHOME
「4匹の愛犬たちと楽しく暮らしたい」そんな想いをかなえた住いは、リゾートペンションの一室のような明るく開放的な平屋住宅。 家族みんなが一日の大半をリビングで過ごすというライフスタイルに合わせた広いLDKは、空間に一層の広がりをもたらしている。
詳しく見る
サイエンスホーム奈良店_新築_平屋外観

小屋裏のロフト空間が暮らし方を広げる、地形を生かした「平屋&ロッジ風」の住まい

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
土地の条件を生かして、平屋の空間にさらなる広がりを 「立地が気に入った」とM様ご夫婦が購入したその土地は、高低差が最大で3メートルもある傾斜地。この場所に「地形を生かした平屋を建てたい」と考えたM様ご夫婦は、不動産業者から「ここなら希望がかなうだろう」と『サイエンスホーム 奈良店』を紹介してもらったそう。そして同社が過去に手掛けてきた住まいの仕上がりの良さや、住宅としての性能の高さも知ったことで、安心して依頼を決めたという。 外観は、長いウッドデッキと鎧張りにした杉板の壁、そして大きな切妻屋根が、まるで山岳に建つロッジのよう。また室内の装いは、飴色に塗装された床や柱から〝真新しさ〟よりも〝懐かしさ〟が感じられる。間取りは家族が一つのスペースに集まって過ごせるようにと、広々としたLDKと和室を並べてレイアウト。奥様お気に入りのステンレス製キッチンは、リビング全体を見渡せるよう対面式に。また「将来家族に迎える予定の芝犬が、家の中と外を元気に走り回れるように」と、玄関からリビング、そしてウッドデッキともつながる長い土間スペースを設けた。シンプルな平屋ではなく〝小屋裏のロフト空間〟も用意したのは、収納場所としてはもちろん、寝室や趣味を楽しむスペースをより快適にするためだ。M様邸は、ご夫婦が望んでいた〝昔っぽさ〟もしっかりとかなった、他にはない住まいとなっている。   ■写真:外観は、その立地や土地の高低差をより生かす計画で、ロッジを思わせるようなデザインに。また外構も、土地の形状と芝生や草木をうまく使って、建物と美しく調和するように。住宅街の中でもひときわ存在感のある、魅力的な姿に仕上がっている。
詳しく見る
平岡工務店_新築_ダイニング

〝家族にとっての心地よさ〟を大切にして〝好きなことだけ〟を詰め込んだ「奏の平屋」

平岡工務店(Remix Design)
レトロシックな空間で奏でる 音楽とスタイルのある暮らし “理想の住まい”をカタチにするべく、『平岡工務店』と一緒に「自分たちの好きなこと」を深く掘り下げていったN様ご夫婦。それだけに完成したN邸からは、このご家族だけの“らしさ”がしっかりと見て取れる。住まいの中でそれが最も表れているのは、「防音室」があることだ。この部屋は、「趣味のベースを思いっきり弾きたい」というN様たっての希望でかなえられたもの。また奥様やお子様たちも「音楽が好きで演奏も好き」ということから、“住まいづくりでやりたいこと”としての優先順位は高くなり、間取り計画も「防音室ありき」で進んでいったという。 玄関扉の正面にあるのが、N様こだわりの「防音室」。“廊下レス”の間取りにより、LDKからどの場所へも最短距離で移動できるN邸の中で、この部屋はほんの少しだけ独立した位置にある。おかげでここは、「趣味により没頭できる空間」だ。そしてキッチンもまた、“らしさ”が表現された場所。N様ご夫婦は、お二人そろって料理好き。だからこそ、“作って・並べて・座って・食べる〟を最短でできる壁付きキッチンが採用された。もちろん、レトロシックで落ち着いた室内の装いも、お二人の“好き”がデザインされた結果だ。 住まいとは、ほかの誰のためでもなく、自分たちのためにつくるもの。N邸はまさに、ご夫婦にとっての“理想の住まい”となっている。 ■写真:キッチンを壁付け型にすることで、空間を効率よく使ったN邸のLDK空間。“レトロシック”なコーディネートで、N様ご夫婦の“好きなこと”を表現している。特にキッチン部のタイルは、緑系の色の中でも“一番に好きな色合い”を吟味してセレクトしたそう。
詳しく見る
家族の森_新築_勾配天井

建築家と建てる「平屋+1」の家

家族の森
木の香りに包まれた家の完成見学会に来られたM様。すでに「人にも環境にもやさしい家づくり」をモットーとした『家族の森』で家を建てたいとお考えだったので、すぐに家づくりについての話が始まった。 お施主様の要望は、「吉野材を使うこと」「趣味の陶芸が楽しめるアトリエをつくること」等。動線が楽な平屋の住まいの中に、ゴルフ場のクラブハウスの様な吹き抜けで圧迫感の無い空間をつくり出した。キッチンはリビングから丸見えにならないように配置し、楢材で造作した食卓はまるで日本料理店のような雰囲気を演出。寝室には自然素材を使い、杉の腰板を貼って、壁には珪藻土を使用し、最良な眠りが約束される空間に。寝室と客間の横に2つトイレを設置し、お客様が泊まりに来てもお互いに気を使わなくて済むよう配慮している。階段の上にはロフトをつくり、1階は屋根の勾配を生かし吹き抜けが気持ちいい大空間を確保。床や天井、建具、収納等の内装材にいたるまで吉野檜や吉野杉をふんだんに使い、室内でありながら深呼吸したくなるような快適な住まいが完成した。 健康に配慮した最上級の仕様を実現したM様邸。ご夫婦の終の棲家としてご満足いただいている。 ■写真:大きな吹き抜けで光と風が通る開放的なリビング。
詳しく見る
バルジ建築設計室_新築_LDK

四季を感じながら暮らす六角形の家

バルジ建築設計室(バルジ・オカダ)
景色も会話も、 全てがつながる家 老後は田舎で暮らしたい、四季の移ろいを感じて生活したい、歩きやすい平屋がいい、どの部屋、どの場所からでも話ができるようにしたい……。そんなご夫婦の希望を取り入れ、完成したのは六角形の家。四季折々の自然を感じながら暮らせる大きな窓。廊下を造らず、LDKと寝室、洗面、トイレ、和室をつなげることで、ワンルームのような暮らし方を実現した。必要になれば、六角形の面の部分に部屋を増やすことも可能。増やした部屋から、また違った景観が見られるなど、楽しみも広がる。六角形の中心には、約4mの大黒柱がそびえ立ち、その頂点から放射線状に延びる梁が開放感を演出。扉を開けておけば、家全体が暖まる平屋。また、調湿作用の高いシラス壁を採用し、夏は湿度を下げ、冬には結露を防止するなど、四季を通して快適な体感温度を保つ工夫も随所に散りばめられている。 ■写真:大きな窓から広がる自然。青い田んぼや紅葉、雪景色など、四季を肌で感じ、自然と一体感のある生活を可能にした。六角形のリビング中央に配置されたキッチンから景色を見渡すことができ、庭にいるご主人との会話も楽しめる。
詳しく見る
バルジ建築設計室_新築_外観

家族をつなぎ、守る、才色兼備な“羽”を持つ家

バルジ建築設計室(バルジ・オカダ)
まるで大きな水鳥が羽を広げたような「切妻屋根」は、“家族を守る”ことを表現したこの家のシンボル。このような見た目の「デザイン性」と、「中身の良さ」を兼ね備えたのが、紹介するI様邸だ。 木をふんだんに使った平屋造りは、和のテイストを大切にした現代的なデザイン。「みんな集まってリビングで過ごしたい」というお施主様の願いに応え、平屋を活かした大空間のLDKには、寛ぎの畳スペースや子供が遊べるロフト、大勢で囲める四角いキッチンなどを配置した。さらに素材は単なる天然素材ではない“本物”を吟味。LDKを住まいの中心とし、家族がつながる“二世帯住宅”となった。 これらお施主様それぞれの理想を叶えるには、「デザイン力」に加え、それを具現化する「技術力」が必要不可欠。女性インテリアコーディネーターと、大工の腕も持つ建築士のタッグがそれを実現した。見た目と中身、つまり「花も実もある」才色兼備な家が誕生したというわけだ。 ■写真:敷地近隣にある池に降り立った「シラサギ」からイメージしたという切妻屋根。そして、紺と灰色をミックスしたような外壁の色合い。それら全てが周囲の自然と溶け合った絶妙なデザイン。
詳しく見る
平岡工務店_新築_LDK

シンプルな素材に、繊細な色合わせ……すべてが絶妙に混ざり合う、きめ細やかな平屋

平岡工務店(Remix Design)
〝シンプルさ〟の中に光る 単純ではないこだわり 『平岡工務店』との土地探しから始まり、じっくりと時間を掛けて完成したH邸は、素材セレクトも色使いもディテールも、徹底して“きめ細やか”に仕上げられた住まいだ。 室内は、グレー・グレージュ・ベージュというニュアンスカラーの壁紙を使い分け、質感や木目にもこだわった床・建具・家具を合わせて装いのベースをナチュラルに。そこにアイアン素材や植物を程よくあしらい、“少しのかっこよさ”をプラス。その繊細な空間コーディネートは、ほかにはない“H様ご家族ならではの個性”となっている。また窓の有無や取り入れ方も、繊細な計画によるもの。例えば南側にある主寝室は、南方の壁に窓がない。これは、部屋の役割ゆえに“自然光の入り過ぎ”を避け、照明計画でご夫婦好みの空間をつくり上げた結果だ。さらに室内の構成を見てみると、テラスとつながる開放的で明るいLDKからは、サニタリーや各部屋にも“廊下レス”で行き来でき、また住まい全体の動線も、行き止まりのない“ロータリー型”。平屋だからこその暮らしやすさも、しっかりとかなえられている。 『平岡工務店』が手掛ける平屋は、ただ2階がないという“形だけのもの”ではない。平屋のメリットを生かした上で、デメリットをなくすよう建物の向きや間取りなども工夫されたものだ。その真骨頂とも言える住まいが、また新たに誕生した。 ■写真:立地の魅力を最大限に生かすため、LDKは北側にレイアウト。それでも窓の配置の工夫により、室内には自然光がたっぷりと入って十分に明るい。また、ダイニングと大開口でつながるテラスは見晴らしが良く、プライバシーも守られており、家族の憩いの場所となっている。
詳しく見る
吉川住研_新築_

スローライフを豊かにしてくれる“なんだか良い”住まい

吉川住研
「シンプルだけど何だかすごく良い」。『吉川住研』で家づくりした人はその住まいをこう評する。フォルムの美しさと自然素材の持つ風合いを最大限引き出した設計は、住むほどに味わい深くなる。M様もそんな同社の家づくりに魅せられた一人。周囲を木々に囲まれた山の奥に建てられた今回紹介のM様邸。そのロケーションを存分に楽しめるよう窓の配置を計算し、全ての窓がまるで絵画のように美しいピクチャーウインドー。漆喰や天然石・無垢材を絶妙なバランスで組み合わせることにより、シンプルながら上質さを感じる空間となっている。開放感とリラックス感を兼ね備えた“ちょうどよい”間取りに使い勝手の良さを計算した収納。スローライフをより豊かなものにしてくれる、ナチュラルラグジュアリーな住まいである。
詳しく見る
建築工房なごみ_新築_リビング

必要なものだけを残したミニマムな家

建築工房 和 -nagomi-
狭小スペースを最大限に活用 ムダを省いたシンプルな住空間   白い漆喰塗りの壁がひと際目を引き、外観からでもシンプルな暮らしぶりが伝わるM邸。家全体が白を基調としており、家中どこに居ても明るく開放的な空気感に包まれる。家づくりにおいて重視したのは無垢材と漆喰を使用し、かつ高気密・高断熱であること。そんなM様ご夫婦の要望を全てかなえてくれたのが、十津川村産の無垢材で家を建てる『建築工房 和』。 ムダを省きシンプルな住空間を目指したM邸は、廊下のない平屋スタイル。LDKと沿うように部屋が並び、扉はすべて引き戸。「床に物を置きたくない」という奥様のアイデアでリビングや主寝室の一部壁にはホーローが貼られ、マグネットを使用すればカバンや服を壁に掛けることができ、リビングは常にスッキリとした空間に。M様が希望したシンプルな暮らし方をかなえつつも機能性も備えた、ミニマムな家の完成となった。
詳しく見る