奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

建築工房和_新築_LDK

十津川産の杉香る、南から北へ風が抜ける家

建築工房 和 -nagomi-
自然素材で健康に暮らす 大屋根のある家が夢だった  『建築工房 和』が手掛ける家の特徴は、ほぼ100%十津川産の木材を使っているということ。見えている部分だけでなく、すべて十津川産の木材が使われていることに、驚くお施主様も多い。数多くの工務店やハウスメーカーを尋ねて「どんな家を建てたいのか」を相談し、妥協することなく工務店選びをしたN様ご夫婦。そして、最終的に『建築工房 和』に決めた理由は、自然素材を使っていることに加え、担当設計士・熊谷さんの人柄だったという。   生活&家事動線に無駄なし ストレスフリーな住まい 間取りで注目すべきは、無駄のない動線だ。「玄関→洗面スペース・洗濯ゾーン→クローゼット→パントリー→キッチン→リビング」というリビングに物を持ち込まない生活動線は、住んでみると想像以上に快適だそう。帰宅したら玄関から洗面スペースに直行し手を洗い、隣のクローゼットで上着を脱いで、そのままキッチンへ。すべて引き戸で仕切られているため、掃除もしやすく、生活動線と家事動線の無駄がまったくない。 現在子育て真っ只中のN様。夜中にミルクを作ったり、おむつを替えたりすることもあるので、リビングの一角にある小上がり和室に家族3人で寝ているそう。段差を利用した引き出しには、赤ちゃん関連の日用品を収納。「片手でさっと取り出せるのが便利」と細やかな配慮の行き届いた設計に奥様も大満足。   家づくりに積極的に関わり 好きな場所がいっぱいの家 実はキッチンの角部分にある角材は、N様が『建築工房 和』主催の十津川森林ツアーに参加し、デモンストレーションで切り倒した木を製材したもの。また、外壁も室内も多くの部分に、空気中の有害化学物質を吸着し、消臭効果・調湿性の高い漆喰仕上げを採用。子ども部屋の壁はご夫婦も漆喰塗りに挑戦し、いい思い出になったという。 天井のダウンライトに加えて、間接照明の柔らかい灯りがリビング全体を包み込む。「ソファに座って、吹き抜けの空間を見上げてのんびりしているときが幸せ」と話すN様、納得の住まいとなった。 ■写真:床は十津川産の杉の無垢材を使用。杉は、湿度の高い夏はさらっとしており、冬場は素足で歩いても温かいのがうれしい。
詳しく見る
建築工房和_新築_LDK

自然を楽しみ家族が集う、癒しの住まい

建築工房 和 -nagomi-
元々周囲の自然溢れる環境が気に入ってこの土地を購入したというM様。その景観を楽しめるようにと、隣家の視線は遮りつつ家のすぐ側にある池が眺められるよう外構の高さを調整したり、吹抜け窓がピクチャーウインドーもなるよう配置。2Fホールから春は桜、秋には紅葉を眺めることもできるそうで、「ここから眺める景色が最高!」と奥様。さらに自社で家具製作ができる同社の強みを生かし、「本をたくさん置けるように」というお施主様からの要望で、キッチン収納の裏側にまるで図書館にあるような巨大な本棚を造作。その他にも階段とフラットにつながるテレビボードやキッチンカウンター、2Fの屋根裏に上がる収納付き階段も同社の家具職人が手掛けたもの。家と同じ木材を使っているので空間とのなじみもよく、使い勝手が良いのもオリジナル家具ならでは。 また暮らしやすさの工夫も随所に。キッチンを部屋の中心に据え、家事をしながらでも子ども達を見守れる間取りや機能的な回遊動線、朝の身支度がしやすいよう広めにとった洗面コーナーなど女性設計士ならではの細かな工夫がちりばめられている。 もちろん奈良県産の無垢の木や漆喰など自然素材をふんだんに使いつつ高気密・高断熱も兼ね備え快適さも抜群。新しい住まいのあまりの居心地の良さに、自然と家族みんなで家で過ごす時間が多くなったという。
詳しく見る
家族の森_新築_LDK

家族の健康を守り、きれいな空気にこだわった家

家族の森
風のない全館冷暖房システム「F-CON」や 杉板を利用して空気のきれいな住まいを実現 ストレスのない空気環境を求められていたT様ご家族は、身体に優しい全館冷暖房システム「F-CON」が体感できる『家族の森』のモデルハウスで心地よさを実感したことが同社を選ぶ決め手になったという。無風・無音で自然環境に近い快適さを実現する「F-CON」は、ウイルスや花粉などを巻き上げることがなく、常にきれいな空気環境を保てることから、多くのオフィスや病院などでも導入が進んでいる。T邸では、「F-CON」だけでなく、リビングやトイレの壁面にデザイン性のあるエコカラットを使用、寝室にはスリットの入った杉板を施すなど、徹底的に室内のきれいな空気にこだわった。また、十分な広さのある家だからこそ、暮らしやすい間取りを提案。キッチンからパントリー、さらにはランドリールーム、浴室がつながっているので、家事動線の無駄が全くない家が完成した。 ■写真:ダイニングとリビングの間に「F-CON」・ラジエーターを設置。ブラウンカラーを選び、空間を引き締めるパーテーションとしての役割も果たしている。
詳しく見る
スペースマイン_新築_LDK

「奈良の木」へのこだわり、光と風にあふれた心地よい空間

スペースマイン
Y邸の使用材木は見えるところ、見えないところすべて、十津川村産を中心とした奈良県産材だ。同社の「地産地消」の精神を形したまさに“奈良の木の家”。手触りの良さ、足に触れる柔らかさ、木の香り、自然の空気に包まれる気持ちのいい家だ。 光と風を取り入れるための工夫が随所にある。たとえば2階ホールの床にガラスをはめ込むことで、2階から入る光を柔らかく通してダイニングを優しく包む。また、子どもたちが下を覗き込んで大はしゃぎ。遊び場としても使え、機能性プラス遊び心が面白い。 心地よさの秘訣は、化学物質0(ゼロ)の空間「抗酸化工法」を施した自然素材や、太陽や風などの自然エネルギーを活用する「エアパス工法」、超省エネのふく射熱冷暖房「クール暖」にもある。後者2つにより光熱費を抑えられ、さらに、電気の使用量や発電量の状況がPC画面で見られる「HEMS(ヘムス)」を採用し、スマートハウス化している。身体にも、環境にもおサイフにも優しいゼロエネルギー住宅なのだ。   ■写真:「エアパス工法」とふく射熱冷暖房「クール暖」を兼ね備えたリビング。クール暖は、無音・無臭・無風で、一年中快適に過ごせる。
詳しく見る
建築工房和_新築_吹き抜けがあるLDK

素足で快適な吹き抜けがあるおうち

建築工房 和 -nagomi-
自然素材の心地よさと細やかな工夫が光る ナチュラルテイストの住まい 十津川村産木材を使った『建築工房 和 -nagomi-』のナチュラルなテイストにひかれてオーダーしたというK様。無垢の木をふんだんに使用し、漆喰の塗り壁をあまり凸凹がないように仕上げ、自然素材に包まれた柔らかな雰囲気の住まいが完成した。玄関を開けると爽やかな杉の木の香りが出迎えてくれる。1階の間取りの中心となる吹き抜け空間はご夫婦たっての希望。大きな窓と視線の先に広がる山々の風景も相まって明るく格別な開放感がある。間接照明や上部の室内窓も、家族がくつろぐ空間を彩るアクセントとして生かされた。これから子育て本番で忙しい奥様のために、キッチンと洗面スペース、ランドリールーム、バスルームは無駄なく一直線に配置し、家事の流れをスムーズにできるようになっている。キッチンの美しいカップボードやリビングに設けられたスタディーコーナー、広い洗面台などは造作で、木との暮らしのノウハウを生かしたオリジナル家具ブランド『753 FURNITURE』を持つ同社ならではの品だ。また、夏に熱くなりすぎない杉の木を使ったウッドデッキや、屋根に穴をあけず太陽光パネルを取り付ける方法の提案など、長く住み続けることを考えた親身なアドバイスも同社から行われた。決められた予算の中で個性を大切にした住まいとなっている。   ■写真:リビングの大きな吹き抜けは2階部分の窓から光を取り入れることができ、明るく広がりのある空間に。高台にあるため生駒の山々を見渡せる。2階の部屋とのつながりも自然に生まれるのが、吹き抜けを用いるメリットの1つ。
詳しく見る
スペースマイン_新築_和室

テラスを中心に、ワンフロアで暮らす平屋のような家

スペースマイン
家づくりについて考え始めたとき、お施主様ご夫婦に共通していたのは「木の家を建てたい」この1点だけ。実家の前にある「間口の狭い、細長い土地」に家を建てることは決まっていた。 木の家を多く建てている工務店へ問合わせ、「将来のことも考えて、寝室は1階にしたい」「トイレは玄関から離す」「リビングは広め」などの希望を伝えても、ほかの工務店やハウスメーカーは土地の形状を生かした間取りを提案してくれなかったと奥様は話す。ところが『スペースマイン』からは、理想とするワンフロアで生活できる間取りの提案があった。「ドアは引き戸にしたいと言ったら、うちはそれが標準ですという返事があり、もうお願いするしかないなと思いました」。 一番の特徴は、将来を見据えたバリアフリー設計。一見平屋のように見える住まいは、リビングもお風呂も寝室もすべて1階にある。リビングの大きな掃き出し窓を開けると、広々とした8帖のテラスがアウトドアリビングに。1階の寝室の上には部屋をつくらず、テラスやリビングに十分な光をとり込めるよう配慮。また、新建材による化学物質の匂いなどが気になられる奥様のため、同社の標準仕様である有害化学物質ゼロの「抗酸化工法の家」に。訪れた人が「空気が気持ちいい。家の中なのに深呼吸したくなる」と口を揃えるのだという。 「子どもたちは、家の中を裸足で走り回って気持ち良さそうです。夏はテラスでプール遊びやバーベキューをするのが楽しみ」。理想の暮らしは始まったばかりだ。 ■写真:小上がりの和室から見たリビング。一体感のある色合いで全体的に落ち着いた雰囲気に。
詳しく見る
建築工房和_新築_吹き抜けLDK

自然素材に、光や空気も…格別の心地よさに包まれた住まい

建築工房 和 -nagomi-
床や造作の家具、またウッドデッキや玄関スロープなどにも十津川村産の杉を使い、さらに内壁・外壁ともに漆喰塗りというW様邸は、まさに“自然素材の心地よさ”に包まれた住まいだ。キッチンを中心に置いて計画した1階の間取りは、リビングや和室、サニタリーへも“行き止まらない動線”があり、家事の流れもスムーズ。大きな吹き抜けのあるリビングは明るく開放的で、2階の個室も吹き抜けに向けて並べているため、住まい全体につながりが生まれている。さらに、太く美しい杉の大黒柱が印象的な真壁和室や、ご主人が趣味を楽しむための独立したロフト部屋、またロールカーテンで目隠しできる室内物干し場など、ご家族それぞれの憧れや希望をしっかりと実現。『753FURNITURE』によるオーダーメード家具も、室内の装いと見事に馴染んでいる。
詳しく見る
家族の森_新築_LDK

吉野材と全館空調の相乗効果で快適な住まい

家族の森
  木の家を望んだからこそ 出会えたご縁 E様と『家族の森』の出会いは、同社開催の家づくりセミナーに参加されたことがきっかけであった。お施主様は吉野郡出身で、以前より吉野の木を使って家を建てたいと考えていた。家づくりに対していろいろと考えていた時期に、家の知識を得たいと思ってはいたが、セミナーに参加した一番のポイントは、木の家に定評の高い同社開催のセミナーであったからだという。家づくりに関する知識を高められ、木の家の質の高さにほれ込み、同社へ家づくりをお願いすることに。 木の質感が映える 質の高い住空間 吉野の無垢材を使い、家を建てたことで木の質感の見栄えが良く、質の高い空間に仕上がったE様邸。特にポイントとして見てもらいたい箇所は、リビングダイニングキッチンである。吹き抜けの開放的な空間で、光の入りがよく明るい雰囲気に包まれている。そして、キッチンのカウンターテーブルには、木目の美しい希少な吉野のスギ材を使用しているので、上質な見栄えである。ここに希少な木材を使ったことには理由がある。それは、料理好きの奥様が将来料理教室を開くときに、この綺麗なカウンターに料理を並べ生徒の方々と一緒に楽しむためである。生活を彩るためにも吉野の木を使うことを考えたお施主様であった。また、テーブルも木の家に合わせるために『家族の森』にオーダーメードで発注した物である。   パッシブエアコン設置の 全館空調ゼロエネ住宅 E様邸は、“パッシブエアコン”を採用していることで住み心地の良さが格段にアップしている。“パッシブエアコン”とは、家全体の空調をエアコン装置1台で管理する方法で、建物自体が空調設備と化して、夏は涼しく、冬は暖かい環境を整える物である。装置は屋根裏に1台設置すれば大丈夫。従来のエアコンのように各部屋に一台付ける必要が無くなるので、家全体がスッキリするという利点もある。こちらの家は、国が推奨している長期優良住宅に当てはまるので、電気代などのランニングコストに負担が少ないといった嬉しいポイントも兼ね備えた住まいである。
詳しく見る
家族の森_新築_勾配天井

建築家と建てる「平屋+1」の家

家族の森
木の香りに包まれた家の完成見学会に来られたM様。すでに「人にも環境にもやさしい家づくり」をモットーとした『家族の森』で家を建てたいとお考えだったので、すぐに家づくりについての話が始まった。 お施主様の要望は、「吉野材を使うこと」「趣味の陶芸が楽しめるアトリエをつくること」等。動線が楽な平屋の住まいの中に、ゴルフ場のクラブハウスの様な吹き抜けで圧迫感の無い空間をつくり出した。キッチンはリビングから丸見えにならないように配置し、楢材で造作した食卓はまるで日本料理店のような雰囲気を演出。寝室には自然素材を使い、杉の腰板を貼って、壁には珪藻土を使用し、最良な眠りが約束される空間に。寝室と客間の横に2つトイレを設置し、お客様が泊まりに来てもお互いに気を使わなくて済むよう配慮している。階段の上にはロフトをつくり、1階は屋根の勾配を生かし吹き抜けが気持ちいい大空間を確保。床や天井、建具、収納等の内装材にいたるまで吉野檜や吉野杉をふんだんに使い、室内でありながら深呼吸したくなるような快適な住まいが完成した。 健康に配慮した最上級の仕様を実現したM様邸。ご夫婦の終の棲家としてご満足いただいている。 ■写真:大きな吹き抜けで光と風が通る開放的なリビング。
詳しく見る
家族の森_新築_LDK

新と旧、和と洋が調和する、遊び心の詰まった家

家族の森
築80年を超えた古民家から建て替えたこちらは、和と洋、新と旧が絶妙にマッチし遊び心が詰まった家。趣のある佇まいの外観は、外壁を白で統一することで、和の坪庭と洋の石畳をうまく馴染ませた。地元奈良の木にこだわる『家族の森』に共感したお施主様の想いで、屋内は白木の吉野杉をふんだんに使った温かな空間に。旧家屋の梁を再利用するほか、部屋の扉にエイジング塗装をするなど古き良さも生かし、お気に入りのオールドアメリカンなイメージと相まってその深みを増している。一方、耐震性・耐久性はもちろん、最新の光冷暖システムの導入により、夏も冬も変わらない快適な環境を実現。新旧の魅力を備え、心地良さが溢れる家となった。 ■写真:1階のリビングスペース。好きなものを集めインテリアにもこだわった。
詳しく見る
建築工房和_新築_LDK

子どもたちの声がこだまする、自然素材で包む気持ちのいい家

建築工房 和 -nagomi-
ママはお料理、パパはバイク。家族が好きなことを楽しむ空間。 十津川の木と漆喰塗りの壁、そして天井には和紙のクロスを使用するなど、自然素材にとことんこだわったK様邸。玄関から続く土間を進むとシュークロークがあり、そのまた奥に設けられたのがご主人の部屋。バイクのメンテナンスができるよう水道も完備され、片引き扉を開けるとリビングへと続く。好きなことをこもってできる、ご主人の願いをかなえた部屋に。リビング横にある4畳半のスタディールームは、お子様が絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりと自由度の高い空間。壁で仕切るのではなく、腰壁や本棚でゆるく区切ることで、ゆったりとした雰囲気に包まれている。また随所に、『753FURNITURE』が手掛けるオーダーメードの家具を配置。木の家にしっくりとなじみ、さらに心地よい空間が演出されている。 ■写真:料理好きな奥様の願いをかなえた広いキッチンなど、一体化した空間が広々としたLDK。
詳しく見る
建築工房和_新築_吹き抜けリビング

将来を見据えて考えられた、家族みんなが動きやすい家

建築工房 和 -nagomi-
奈良の木をふんだんに使用し、心地よさと家事動線を追求した家。  玄関から3方向へと、動線が分かれるH様邸。左はリビング、右は洗面所、中央は家事室からキッチンへと、遠回りせずダイレクトに目的地へ進むことができる仕組みだ。「忙しい毎日を快適に過ごすための動線を考えました」との言葉通り、無駄な動きを減らした奥様目線の間取りになっている。吹き抜けリビングでひと際目を引くのが、ご主人が一目見て気に入ったという黒いアイアンの階段。2階には吹き抜け部分を囲むように本棚があり、そこはさながら家族専用の図書館のような雰囲気。キッチン横には奥様の要望をカタチにした、リビング全体を見渡せる家事室を完備。「作業をしながらでも子どもたちの様子が分かるので、気に入っています」と、忙しい日々を効率よく過ごせる工夫がH様邸には詰まっている。 ■写真:木と黒アイアンとのコントラストがマッチしたリビング。
詳しく見る

もっと見る

1〜12件/20件中