奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

サイエンスホーム奈良店_新築_LDK

木製格子が映えるブルックリンスタイルの家

サイエンスホーム 奈良店(カーペンターズハウス)
奥様のご実家が『サイエンスホーム 奈良店』を運営する『カーペンターズハウス』で住まいをリフォームしていたため、同社のことは前々から知っていたというS 様ご夫婦。しかし、“新築の住まいがどんなものなのか”を知ったのは、モデルハウスを見学した時が初めてだった。その際に、温熱環境の快適性や木の温もりを肌で実感し、「絶対にサイエンスホームで家を建てたい!」と強く思ったそうだ。 土地はすでに購入していたものの、「最初は何から始めていいのかも分からなかった」というS様ご夫婦。それでも経験豊富な同社のサポートにより、想像よりもずっとスムーズに進められたという。ご夫婦はその工程を、「新しい暮らしや子どもの将来を想像しながら理想の家を考えるのは、とてもワクワクする時間でした」と振り返る。そんなS 邸のデザインコンセプトは、「ブルックリン+ナチュラル」。特に室内は、やや濃い色で塗装した木部と、ご夫婦がお好きなアイアンを使った家具で、ビンテージ感がしっかりと表現されている。その空間の中で最も存在感を放っているのは、一枚板のダイニングテーブルだ。これはキッチンとカウンターも一体となった同社造作の品で、ご夫婦にとってもお気に入りの家具となった。完成した我が家に対する感想を聞いてみたところ、「住み心地よく、何一つ後悔のない家になりました」と、ご夫婦そろってとても満足そうだった。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ナチュラルな空間にアメリカン要素をプラスした家

ZENHOME
二世帯住宅で、三世代が気兼ねなく暮らせるよう設計された。玄関は広く、ベビーカーもそのまま入れて、親御様世代は狭い範囲で完結できるように動線を考慮。
詳しく見る
ZENHOME_新築_LDK

ライフスタイルに寄り添った人もペットも楽しく暮らせる家

ZENHOME
「4匹の愛犬たちと楽しく暮らしたい」そんな想いをかなえた住いは、リゾートペンションの一室のような明るく開放的な平屋住宅。 家族みんなが一日の大半をリビングで過ごすというライフスタイルに合わせた広いLDKは、空間に一層の広がりをもたらしている。
詳しく見る
マイ工務店_新築_玄関アプローチ

色とりどりの植物と調和する住まい

マイ工務店
日々の暮らしに緑を取り込んだ 快適で上質な暮らしがかなう住まい 耐震性や断熱性に優れ、また間取りの自由度も高い「SE構法」が標準仕様。さらに天然木や漆喰といった自然素材を使いつつ、太陽光や風を利用したパッシブデザインで快適な暮らしを創造するのが『マイ工務店』の住まいづくり。今回ここで紹介するO邸は、もともと同じ場所にあったご実家を取り壊し、お母様と二人で暮らす住まいへと建て替えたものだ。 細長くも大きな敷地に対し、建物のサイズは以前よりもややコンパクトになったO邸。その分、道路がある南側に広々とした前庭を設け、また建物の周囲にも十分なゆとりを持たせている。これは、植物好きのO様が求めていた「緑を身近に感じられる住まい」を実現するためであり、窓のサイズや配置も“室内から見る緑”を前提としたものだ。また、家族構成の変化で以前の住まいではあまり使われなくなっていた“建物北側の在り方”も見直し、新しくなったO邸では各空間を無駄なく効率的にレイアウト。LDKやO様の寝室を2階に置き、バスルームやお母様の寝室を1階に置いたのは、お互いにとっての利便性やライフスタイルを尊重し合えるようにするためでもある。外観のデザインにも室内の装いにもO様のセンスが光り、また穏やかな人柄にもしっくりと似合う素敵な住まいとなっている。 ■写真:エクステリアにもこだわったO邸は、建物のまわりをたくさんの緑が囲む。前庭から玄関までのアプローチは、木々の間を通り抜けるようにレイアウト。
詳しく見る
秦建築_新築_外観

住み心地とデザイン性を兼ね備えたバリアフリー住宅

秦建築
家づくりを進めるにあたって、Y様からまず一番に出てきた要望は「老後を過ごしやすく」だった。そのため、室内の出来る限りの段差を取り除き、玄関からリビングに続く両開きの折れ戸や、手すりなどはほぼ秦建築による造作品。また、駐車場から玄関まで傘を差さずに移動できたり、階段の段数や角度、途中に踊り場を設け上り下りの負担を軽減したり、動線を可能な限り短くするなど、日常生活の中で負担になってくるであろう部分に配慮した設計になっている。また、デザイン性にもこだわりたいというお施主様たっての希望で、外観は南欧風、お風呂やトイレは南国のホテルをイメージした上質な空間に。和の建築技術と洋のデザイン性が融合した和洋折衷の心地よい住まいが誕生した。
詳しく見る
スペースマイン_新築_LDK

「奈良の木」へのこだわり、光と風にあふれた心地よい空間

スペースマイン
Y邸の使用材木は見えるところ、見えないところすべて、十津川村産を中心とした奈良県産材だ。同社の「地産地消」の精神を形したまさに“奈良の木の家”。手触りの良さ、足に触れる柔らかさ、木の香り、自然の空気に包まれる気持ちのいい家だ。 光と風を取り入れるための工夫が随所にある。たとえば2階ホールの床にガラスをはめ込むことで、2階から入る光を柔らかく通してダイニングを優しく包む。また、子どもたちが下を覗き込んで大はしゃぎ。遊び場としても使え、機能性プラス遊び心が面白い。 心地よさの秘訣は、化学物質0(ゼロ)の空間「抗酸化工法」を施した自然素材や、太陽や風などの自然エネルギーを活用する「エアパス工法」、超省エネのふく射熱冷暖房「クール暖」にもある。後者2つにより光熱費を抑えられ、さらに、電気の使用量や発電量の状況がPC画面で見られる「HEMS(ヘムス)」を採用し、スマートハウス化している。身体にも、環境にもおサイフにも優しいゼロエネルギー住宅なのだ。   ■写真:「エアパス工法」とふく射熱冷暖房「クール暖」を兼ね備えたリビング。クール暖は、無音・無臭・無風で、一年中快適に過ごせる。
詳しく見る
リビングデザイン_新築_ダイニングスペース

立地を最大限に生かした遊び心のある家

一級建築士事務所リビングデザイン
高低差のある敷地も好立地へと変えた 見晴らしの良い高台に建つ、気持ちの良い家 閑静な住宅街に建つK邸。高低差のある複雑な地形ではあったが、『リビングデザイン』と土地探しから一緒にできたことで、一級建築士の見立てにより、マイナス面はその土地の特徴へと変換されて住まいの構想は広がった。 白い天然石が貼られ高級感あふれる玄関から続くのは、大きな掃き出し窓からの景色が良い、明るく開放的な吹き抜けリビング。白を基調とした中に黒色のアイアンや濃いブラウン系の扉など、異なる色や素材をセンス良く合わせることでラグジュアリーな空間が演出されている。デザインの良さに加え、機能性もたくさん備えた家づくりができるのも同社の強み。K邸で注目すべきは玄関とリビングをつなぐ、2つ目の動線上にある5.5帖のファミリークローク。洗濯機や折り畳み式のアイロン台も同空間に設置され、洗濯を終えた衣類やタオルなどがその場で片付けられる。生活感が排除されたホテルのような洗面室には、隣のファミリークロークの洗濯カゴへとつながるランドリーシュートを設置。「脱いだ物はそのままにしたくない」という奥様のご要望に応えた、参考にしたいアイデアが満載だ。2階には眺望の良い渡り廊下があり、季節や時間帯によって違う風景が眺められるのもK邸の魅力のひとつ。立地を最大限に生かした家づくりが実現し、オンリーワンの住空間の完成となった。
詳しく見る
マイ工務店_新築_ダイニング

周囲の美しい景観を生かしつつ、快適さも兼ね備えた住まい

マイ工務店
光や風を利用したパッシブデザインに天然木や漆喰などの自然素材、また耐震性・断熱性能の高いSE構法を取り入れた家づくりを得意とする『マイ工務店』。今回手掛けたY様邸は「外の自然と室内が一体化した住まい」をテーマに、周囲の自然の借景を最大限生かせるようプランニング。1階はもちろん2階吹き抜けなど、建物の南側には可能な限り大きな窓を設置し、自然の光や風をたっぷり取り込むと共に、四季の移ろいが楽しめる自然と調和した空間に。春になると、道を挟んで隣にある公園の満開の桜を眺めることができ、窓からは、まるで絵画のように美しい景観を楽しめるという。このほかにも、天然木を用いた建具や特注のオリジナルキッチンに造作棚、考え抜かれた照明使いや動線など、自然と調和しつつ暮らしやすさも追求した住まいとなった。
詳しく見る
マイ工務店_新築_吹き抜けリビング

陽の光がたっぷりと降り注ぐ大空間リビングと、シンプルながら上質感が光るワンランク上の暮らし

マイ工務店
光や風を利用したパッシブデザインに天然木や漆喰などの自然素材、また耐震性・断熱性能の高いSE構法を取り入れた家づくりを得意とする『マイ工務店』。今回手掛けたI様邸は元々同じ場所にあった家を取り壊し新たに建て直すことになったのだが、以前の住まいでの問題点を全て洗い出した上で一からプランニング。一番の悩みだった日当たりの悪さは、リビングの1階から2階天井まで続く大きな特注窓を設置し解消。これほど大きな窓を取り入れられるのは強度面に長けたSE構法だからこそ。また片付けは得意という奥様の話を受けて、収納や棚は必要最低限に留めたシンプルな造りに。とはいえ、天然木を用いた建具や特注のオリジナルキッチンに造作棚、計算され尽くした照明遣いなど、シンプルな中にも上質感が感じられるこだわりの住まいとなった。 ■写真:柱や梁を使わず2階天井まで大胆に窓を設置できるのは、強度面に優れたSE構法ならでは。広々とした大空間は、昼間は電気無しでも明るい。
詳しく見る
ビーライフ_新築_LDK

お庭と調和した住宅で光と風を感じる暮らしを

ビーライフ 一級建築士事務所
スタイリッシュと暮らしやすさを両立した こだわりの庭と一体感のある住まいづくり ガーデニングがお好きなお施主様ご夫妻のリクエストにお応えして設計された住宅は、庭からの光と風を心地よく味わえる工夫がたくさん。広めのテラスには屋根が設けられているため、ハンモックに座ってゆったりと庭を眺めたり、外でお茶をしたりといった家族の時間をいつでも楽しめる。庭とつながる大きなガラス窓からの自然光によって家全体の雰囲気はいつも明るい。間接照明の演出で夜にはシックな印象に早変わりする。工務店の技術力と建築家のデザイン力を併せ持つ『ビーライフ』の住宅は、生活感を感じさせないスタイリッシュなデザインと日々の暮らしの快適さを両立させているのが大きな魅力。パントリーやランドリー用のスペースは外から見えないように空間に溶け込ませたつくりでありながら、最短の生活動線で水回りを移動できるため家事の負担も軽減できる。 ■写真:2階への階段は匠のオーダーメード。スチールの黒が空間を引き締める。
詳しく見る
建築工房和_新築_LDK

十津川村産の木材に包まれて、家族みんなが笑顔になれる自慢の家

建築工房 和 -nagomi-
月日の流れと共に実感する 家で過ごす時間の心地よさ 「無垢材の家をインターネットで探していたら、『和』のホームページにたどり着いたんです」とご主人。十津川村産木材や漆喰塗の壁など、自然素材をふんだんに取り入れる『建築工房 和』の家づくりに共感し「和で家を建てたい」と決められたM様ご夫妻。地域環境を最大限に生かした、オリジナリティーあふれる住まいの完成となった。 M様邸の裏には池で囲まれた古墳があり、豊かな自然が今なお残る地域。この借景を生かした西側には庭を設け、ご主人の趣味である家庭菜園のスペースも。庭に沿ったL字型の縁側では夕日を眺めることができ、住宅街ながらも静かに時間や季節の移ろいを楽しむことができる贅沢な空間だ。広々としたLDKにはデザインと機能性を重視した奥様のアイデアが、そこかしこに採用された。例えばリビングの壁側にはベンチ・収納・子ども用のテーブルにもなる備え付けの家具が配され、ほこりが付かないようカーテンレールは隠すなど、将来にわたって使い勝手のいい住まいづくりの工夫がされている。家事動線の良さはもちろんのこと、高気密・高断熱で年中心地よく過ごせるM様邸。「使用する素材とデザインの良さ、そして高性能であることを兼ね備えていたのは『和』だけでした」とご主人。「家で過ごす時間が何より楽しい」と話すご家族のあふれる笑顔が印象的だ。 ■写真:ダイニングより少し天井を上げた開放的なリビング。窓から入る陽光で昼間は電気をつけなくても十分な明るさがある。
詳しく見る
家族の森_新築_LDK

365日安心がいちばん、長く大切に住まう上質な家

家族の森
「自分の家がいちばん安心できる」そんな家づくりを目指すという瀬戸氏が常に考えているのが、住み心地だけでなく家そのものの強度を確実なものにすること。「家族の森」の家は標準仕様で国が定める長期優良住宅に適応している。しかも、住宅の性能が比較できる「住宅性能表示制度」の基準では、8つの部門において最高等級。品質の高さが認められており、耐震等級3を取得しているのが強みだ。さらに木材の品質にもこだわり、見た目も美しく、高い強度を誇る奈良の木「吉野材」を使用している。「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」。瀬戸氏が心底良いと認めたものだけを使ってできた、こちらで紹介の家も、安心のマイホームだ。 ■写真:機能性とデザイン性を兼ね備えたLDKは、吉野材をふんだんに使用。アイランドキッチン全体に配した白木と床材のブラウンのコントラストが美しく、明るい空間に仕上がっている。
詳しく見る

もっと見る

1〜12件/13件中