奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

吉川住研

大和郡山市

吉川住研

大和郡山市

モデルハウスあり リフォーム・リノベーション対応 土地探しから相談可能 現場見学会を実施

徹底した素材選びと設計で心地よさを追及
暮らすたびに愛おしさが増す“本物の家”

世代を超えて住み継がれる
経年美化する自然素材の家

『吉川住研』がお手本にしているのは、化学物質によるアレルギー反応などがなかった時代の古き良き古民家。100年前から今に受け継がれている家には耐久性があり、時間経過によって建物の味わいが増している。これに倣い大事な家族の健康にも、地球の環境にも優しい、自然素材にこだわった家づくりを基本とし、3世代に渡って住み続けられる“本物の家”を提供してくれる。もちろん住まい手のライフスタイルに合わせた便利な生活動線や、憧れの暮らしをかなえるための要素を同社独自の視点とセンスで取り入れながら。家づくりに用いるのは、床には無垢材、壁には漆喰、屋根には天然石、接着剤には米のり、塗装には柿渋など、使用する建材は全て自然素材。やがてその役目を終えると土に還り地球を汚さない。漆喰にはウイルスを不活性化させる効果が認められ、シックハウスの原因となる化学物質を放出しない素材として近年再評価されている。住み続ければどんな家でも傷や汚れが蓄積していくため、メンテナンスは必要になる。自然素材で作られている家なら、漆喰の補修など簡単なメンテナンスなら住まい手自身で手を入れることが可能。手入れをするほどに建物への愛着と味わいが増していく。「経年美化」する住まいでの暮らしこそ、同社がお客様に届けたい“本物の家”だ。

 

建物が持つ美しさを追及
住まうごとに愛着が増す家

新築の家の美しさは数年しか保たない。しかしその後、何十年も住まい続ける。だからこそ、長く愛される家には、一時の流行に左右されず数十年後も変わることのない凛とした佇まいや、経年変化による自然素材の趣といった、建物本来が持つ美しさが必要になる。どのような屋根の勾配ならば、快適な室内空間をかなえつつ、外から見たときに落ち着きのある佇まいとなるのか。どれぐらいの庇の長さが、四季を通じて心地よく、見た目にも美しいのか。また、色や柄などその一つひとつで表情が異なる自然素材の組み合わせ方は、どういった取り入れ方が最適なのか。室内での暮らし心地と、外から見たときの美しさを両立させるために、全体のバランスをミリ単位まで吟味して仕上げ、一切の手を抜かない。また、昼夜でがらりと家の表情が変わる照明計画も見る人を惹きつける。漆喰壁に照明が当たることで空間全体を柔らかな光が包み込んだり、エントランスの照明を植栽に当てることでその影を壁に映し出したり。こういった仕掛けと、繊細な匠の技の積み重ねが、全体をバランスで魅せる空間へとつながり、「どこがどうというわけではなく素晴らしい」「なんだか心が休まる」といった言葉に表せない極上の空間を生み出す。普遍的な建築美と、経年により愛着が増す家を同社はこれからも徹底してこだわり、つくり続けていく。

資料請求
会社概要
イベント
情報
モデル
ハウス
新築施工例
リフォーム
施工例

ならやまモデルハウス

吉川住研
完全予約制
所在地
奈良県奈良市右京3-4-14
電話番号
0742-71-2102
見学可能時間
10:00〜19:00
休み
不定
駐車場
吉川住研_新築_リビングダイニング

シンプルなのに美しい、いつまでも愛せる家

吉川住研
高低差を巧みに使い、 開放感と安心感を両立 一生に一度の大きな買い物である、家。『吉川住研』ではそれにふさわしいものとなるように、奇抜なデザインは一切せず、「いつまでも飽きずに長く住み続けられる家」を提案している。同社がつくる家には、シンプルでありながらもどこか美しく、住む人の心を豊かにしてくれる魅力がある。その鍵は、自然素材そのものが持つ重厚感と、建物の所々に見られる造り手のさりげない配慮にあるようだ。このF様邸にも細かな配慮が多く見 受けられる。例えば、壁や天井の高低差でゆるく区切られたLDK、内と外との境界を曖昧にしている土間、勾配天井と化粧梁の遊び心のある2階など、一つ一つは目立たないながらも、建物全体につながりや広がりを持たせるのに大きく貢献している。一方、空間に開放感を感じさせながらも、落ち着きや安心感を与える配慮も忘れない。「人間は自分の視界の中に壁・天井・床が入っていると落ち着くのです」と吉川氏。真っ白な漆喰の壁には黒い窓枠でポイントを、高さのある天井には低い位置に梁やダウンライトを配置することで、壁や天井の位置を認識できるように工夫している。 思わず振り返ってしまう 圧倒的に美しい外観 同社のつくる家は外観の美しさにも定評がある。家の敷地にあわせて、軒高や軒の出、屋根勾配、窓の大きさや高さなど、緻密に計算し、圧倒的な存在感を放つ美しいビジュアルに仕上げる。F様邸は北側道路の家である。一般的に、北側にはトイレや浴室などの小さい窓が多いため、外観を華やかにすることができない。そこで同社は、足し算できない分、逆に、とことんシンプルに徹し、漆喰の壁の素材感がより引き立つデザインに仕上げた。また、窓の高さに変化をつけ、外から見たときに室内の構造がわかりにくく、期待感を持たせてくれるビジュアルにもなっている。家の前を通る人も「この家、何階建てなんだろう?」と、思わず立ち止まってしまうそうだ。なお、これらの窓は実用性も兼ね備えている。高い位置の窓は採光に適しているし、低い位置の窓は、光は要らないが風を入れたい場合に適している。   ■写真:壁や天井に高低差をつけ、面を多く作ることで立体感のある空間に仕上げている。漆喰の素材感も引き立っている。
詳しく見る
吉川住研_新築_夕景外観全景

健康面にも優れた漆喰を用い、自然素材で上質な住まいをつくる

吉川住研
人にも環境にもやさしい住まいをお届けする。それが、無添加住宅の正規代理店である『吉川住研』のこだわりだ。特に、ウイルスを不活性化する効果も認められた壁材のオリジナル漆喰は、シックハウスの原因となる化学物質を放出しない自然素材として近年再評価されている。自然素材の家は総じて素朴でかわいらしい印象になりがちだが、シックな住まいを演出することもできる。高級感のある住宅デザインの追求と自然素材とを両立させたのが今回紹介のモデルハウスだ。壁の素材も場所の演出に合わせて使い分け、天井にも高低差や勾配をつけることで空間にメリハリをつけている。住宅のフォルムにとことんこだわることで、自然素材の表情の幅が広がり、より上質な生活空間をつくり上げた。
詳しく見る
吉川住研_新築_外観夕景

フォルムにこだわるプロの技、自慢したくなる飽きない住まい

吉川住研
『吉川住研』が手掛けたY様邸には3つのポイントがある。1つ目は、自然素材で構築されていること。内外の壁に用いた漆喰、床と軒裏を彩る無垢のパイン材、土間に敷き詰めた玄晶石などで構築。最低でも三世代が住み続けられる家であるよう、建材全てに自然素材を使用している。2つ目は暮らしやすさを追求した心地良さである。夏の強い日差しを防ぎ、冬には太陽の光を集められるよう計算された屋根は、室温を心地良く保ってくれる。3つ目は、どの角度を切り採っても見栄えのするデザイン力。Y様邸の場合、外壁に立体感を出すことで、光と影の対比をつくり、表情を持たせている。シンプルで周囲の景観とも馴染む住まいは、住人、そして地域と共に長く佇めるものである。
詳しく見る
吉川住研_新築_LDK

無添加素材の健康住宅で、長く愛せる住まいづくり

吉川住研
お施主様の要望を叶えつつ プロの経験と+αの提案で実現 ベニヤ板や化学接着剤を一切使わず、自然の木や石・漆喰など天然素材のみを使用した無添加住宅でありながら、高いデザイン性にもこだわる『吉川住研』。同社の吉川晋一氏曰く「私の経験上、家に対する愛着はその家が機能美と様式美にあふれた佇まいかどうかで決まります。普通だけど“何かいいよね”と感じて頂けるデザインを心がけています」と言うように、緻密に計算された間取りやフォルム、素材遣いも考慮したデザインは、シンプルながら時が経つごとに味わい深く美しさを増すという。「もちろんお施主様のご希望には全力で応えますが、そのままでは美観を損なう事も少なくありません。その場合はプラスαの要素を盛り込んだ提案をいたします。長く愛してもらえる家づくりを実現することが重要です」と吉川氏。“住むほどに心も身体も健やかになれる家づくり”これこそ同社の掲げる住まいである。
詳しく見る
吉川住研_新築_外観夕景

丁寧な仕事でシンプルを追求、コーラルストーンと漆喰の家

吉川住研
家づくりを考え始めた当時、ハウスメーカーでの建築も視野に入れていたK様。なかなか話が進まず家探しに疲れ始めていたとき、「漆喰の壁」「シンプルなフォルム」など『吉川住研』の建てる家に魅せられたのだという。あまりにイメージどおりだったために、全面的に信頼を寄せる形で家づくりがスタート。何かを決めるときは、「好みに合わせて数種類まで絞り込んで提案してもらえたのがありがたかった」とK様。門扉、リビングの壁、キッチンには、珊瑚や貝殻が化石化してできた天然石コーラルストーンを使用。所々に同じ素材を使うことにより、家全体に統一感を持たせている。本物志向でありながら、すっきりした印象になるよう、細部の仕様にこだわり抜いた家は、どこを見回しても満足のいくものになった。
詳しく見る
吉川住研_新築_

スローライフを豊かにしてくれる“なんだか良い”住まい

吉川住研
「シンプルだけど何だかすごく良い」。『吉川住研』で家づくりした人はその住まいをこう評する。フォルムの美しさと自然素材の持つ風合いを最大限引き出した設計は、住むほどに味わい深くなる。M様もそんな同社の家づくりに魅せられた一人。周囲を木々に囲まれた山の奥に建てられた今回紹介のM様邸。そのロケーションを存分に楽しめるよう窓の配置を計算し、全ての窓がまるで絵画のように美しいピクチャーウインドー。漆喰や天然石・無垢材を絶妙なバランスで組み合わせることにより、シンプルながら上質さを感じる空間となっている。開放感とリラックス感を兼ね備えた“ちょうどよい”間取りに使い勝手の良さを計算した収納。スローライフをより豊かなものにしてくれる、ナチュラルラグジュアリーな住まいである。
詳しく見る
会社名
有限会社 吉川住研
会社名よみ
よしかわじゅうけん
所在地
奈良県大和郡山市北西町110-1
TEL
0743-56-3113
営業時間
10:00〜19:00
休日
水・日曜
事業内容
建築事業、リフォーム事業、宅地建物取引事業
ホームページ