奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

十津川産の杉香る、南から北へ風が抜ける家

施工企業建築工房 和 -nagomi-
建築工房和_新築_LDK

自然素材で健康に暮らす

大屋根のある家が夢だった

 『建築工房 和』が手掛ける家の特徴は、ほぼ100%十津川産の木材を使っているということ。見えている部分だけでなく、すべて十津川産の木材が使われていることに、驚くお施主様も多い。数多くの工務店やハウスメーカーを尋ねて「どんな家を建てたいのか」を相談し、妥協することなく工務店選びをしたN様ご夫婦。そして、最終的に『建築工房 和』に決めた理由は、自然素材を使っていることに加え、担当設計士・熊谷さんの人柄だったという。

 

生活&家事動線に無駄なし

ストレスフリーな住まい

間取りで注目すべきは、無駄のない動線だ。「玄関→洗面スペース・洗濯ゾーン→クローゼット→パントリー→キッチン→リビング」というリビングに物を持ち込まない生活動線は、住んでみると想像以上に快適だそう。帰宅したら玄関から洗面スペースに直行し手を洗い、隣のクローゼットで上着を脱いで、そのままキッチンへ。すべて引き戸で仕切られているため、掃除もしやすく、生活動線と家事動線の無駄がまったくない。

現在子育て真っ只中のN様。夜中にミルクを作ったり、おむつを替えたりすることもあるので、リビングの一角にある小上がり和室に家族3人で寝ているそう。段差を利用した引き出しには、赤ちゃん関連の日用品を収納。「片手でさっと取り出せるのが便利」と細やかな配慮の行き届いた設計に奥様も大満足。

 

家づくりに積極的に関わり

好きな場所がいっぱいの家

実はキッチンの角部分にある角材は、N様が『建築工房 和』主催の十津川森林ツアーに参加し、デモンストレーションで切り倒した木を製材したもの。また、外壁も室内も多くの部分に、空気中の有害化学物質を吸着し、消臭効果・調湿性の高い漆喰仕上げを採用。子ども部屋の壁はご夫婦も漆喰塗りに挑戦し、いい思い出になったという。

天井のダウンライトに加えて、間接照明の柔らかい灯りがリビング全体を包み込む。「ソファに座って、吹き抜けの空間を見上げてのんびりしているときが幸せ」と話すN様、納得の住まいとなった。

■写真:床は十津川産の杉の無垢材を使用。杉は、湿度の高い夏はさらっとしており、冬場は素足で歩いても温かいのがうれしい。

延床面積
150.62平米(45.56坪)
敷地面積
200.82平米(60.74坪)
プランニング期間
6カ月
施工期間
4カ月

花粉やアレルギー物質から洗濯物を守るために、2階の廊下には十分な収納&物干しスペースを設置。

キッチンの収納棚は『753FURNITURE』によるもの。「何をどこに収納するのか」を話し合った上で作っているので無駄がない。

洗面スペースは木製のように見えるが、水や熱に強いメラミン化粧板を使用。

玄関から入ってすぐの引き戸は、デザイン性のある市販品を採用。造作と市販品をうまく組み合わせている。

ご主人の念願だった大屋根と漆喰壁の外観。家全体に十津川産の杉の断熱材・ウッドファイバーを使用し、防音効果にも配慮。

天井高を生かした圧迫感のないロフトのある子ども部屋。

新築 建築工房 和 -nagomi-