奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

食す、語らう、くつろぐ住処

施工企業創造工舎
創造工舎_リフォーム_キッチンカウンター

住まいをさわることは、自分たちの将来を考えること
愛着の形成も、コスト削減も、想い出づくりも—-
施主参加型のリノベーションで実現した、
家族みんなが笑って暮らせる納得の住まい

築66年、伝統構法で建てられた民家はご主人の生家。ご両親が亡くなった後もご主人が定期的に管理し、大切に守ってきたが、大きな建物である上、経年劣化による傷みも目立っていた。「思い出の詰まった場所を家族で快適に暮らせる住まいにしたい」との依頼を受け、まず取り組んだのが、断熱や耐震など、安心して長く暮らすために必要な安全性と快適性の確保。その上で、味わいのあるものを好む奥様の希望に沿うよう、梁や差し鴨居などで古民家の要素を残しながら、古いものと新しいものが違和感なく溶け合う美しい住まいを完成させた。また、プロでなくてもできることはご家族にお願いし、思い出づくりもお手伝い。「床下にもぐって職人さんと一緒に汗をかいたことは我が家の武勇伝。一人で来ると少し怖いとさえ感じていた古い家が今はとても愛おしく、家族と一緒にワクワクして暮らせる空間になりました」と奥様。この施工は社内外からの評価も高く、TOTO・DAIKEN・YKKAPが主催する施工業者による優れた実例を競うTDYリモデルスマイルコンテストでは全国最優秀賞を受賞した。

■物件詳細:築66年(一戸建て)
■リフォーム面積:147.7平米(44.62坪)

延床面積
敷地面積
プランニング期間
施工期間
約4カ月

想像を超える暮らしを描き、思い出を残す工夫を凝らした懐かしくも新しい終の住処。

コミュニケーションの場はキッチンを囲んで。「釣ってきた魚を仲間と料理する」これからはそんな場面もふえそう。

キッチンを囲み、大人数でもコミュニケーションが取れるレイアウトを採用。IHコンロを食卓側に配置し、鍋から直接取り分け、配膳できるようになっている。

キッチンから2階へと続く階段は、緩やかな勾配の階段へ架け替えられた。

通り土間には先々代が使用していた古箪笥を設置。奥行きがあり、生活用品がたっぷり入る収納として重宝している。

2階にあるフリールーム。改修前は家を離れると言っていた娘さんも、今では家遊びにはまっているとか。

玄関土間の建具は、建築時に使用されていた建具に蚊帳を張って再生したもの。式台は縁側のケヤキの床材を解体しリメイク。

使えるものはリメイクして使うというルールを設定したことで、予算の削減にも成功した。

家族3人でオープンキッチンに立ち、自慢の料理で友人たちをもてなすことも。

豪快な軸組の2階の物置(ツシ)は、遊び心たっぷりのフリースペースに大変身。とはいえ、空間そのものは大きく触らず、家族それぞれが自由に構想し楽しめるスペースとした。

リフォーム 創造工舎