奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

希望をかなえる工夫が詰まった、家族の笑顔が見える住まい

施工企業岡田工務店 岡田一級建築士事務所
岡田工務店_新築_吹き抜けLDK

O邸の設計にあたって、担当の岡田氏が大切にしたのは「住まう家族のコミュニケーション」。それは、O様の奥様からの、「いつも家族の姿を見ていたい」という希望に対する答えだった。キッチンに立てば、リビングも和室も見渡せる。リビングからは、大きな吹き抜けを通して2階まで視線が抜ける。誰がどこにいても、互いの気配を感じられるのだ。もちろん「暮らしやすさ」もしっかり配慮。シューズクロークから本の収納専用の小部屋まで、O様の意向を深く理解した上での間取りだ。またO邸は、『岡田工務店』が採用する新しいコンセプト「優しい家」をカタチにした住まいでもあり、家が呼吸する「エアサイクル工法」を採用したパッシブハウスである。

 

■写真:大きな吹き抜けから自然光が降り注ぐ、開放感いっぱいのリビング。ここからはなんと、2階のフリースペースと、さらにその上の小屋裏収納スペースまで視線が抜ける。家族が家のどの場所にいても互いの存在を感じられる設計だ。また、床には肌触りの良い杉のフローリングが採用された。

延床面積
134.55平米(40.70坪)
敷地面積
200.06平米(60.51坪)

階段を上ってすぐの位置には、間仕切りを設けず広さも十分なフリースペースが。ここは、家族全員が自由に使えてのんびり過ごせる、第2のリビングとも呼べる空間。

4つのニッチを設けた玄関。

デッドスペースになりがちな階段下は、スタディースペースとして活用。キッチンからも距離が近く、小さなお子さんが勉強をするのに最適な場所。また、奥様が郵便物の整理などちょっとした家事をするのにも活躍しそう。

和室はあえて小上がりにはせず、リビング・ダイニングから一続きに。一番奥には一枚板のカウンターを設置し、その下は足を下ろせる掘座卓の仕様に。障子に透ける丸窓からの明かりが粋な空間。照明スイッチのカバーが障子風と、細かな所にも見所がある。

メンテナンスをしやすい耐光性が高い木の素材とサイディングをMIXして使用。

家の様子をしっかりと見渡せるキッチン。床材には防水性の高いクッションフロアを採用。

2階のフリースペースには、大容量の本棚や黒板塗料を施した壁も。階段は小屋裏収納へと続いている。

階段側からオブジェを配置、フリースペース側からは本棚にするスペースを活かした両面使用の造作棚。

2Fのトイレは1Fとは趣を変えてポップな感じに。

新築 岡田工務店 岡田一級建築士事務所