奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

空間全体のデザインの調和と、暮らしやすさが両立した住まい

施工企業ビーライフ 一級建築士事務所
ビーライフ_リフォーム_LDK

丁寧なヒアリングと

柔軟かつ的確な提案で

“やりたいこと”を実現

黒壁に木をバランス良く配した外観が、モダンでスタイリッシュな印象のK様邸。一見、新築された住まいに見えるが、実際には築30年の住宅を、外構や外観も含めて全面リフォームしたものだ。

1階LDKのフローリングは、鮮やかな木目が美しい無垢のナラ材。それに調和する色合いで統一された柱や梁、造作のテーブルが、空間全体に落ち着いた雰囲気を生み出している。L字型のキッチンは、奥様の「火を使うコンロ周辺は壁に」という要望と、「料理中もリビングを見渡せるように」という要望の両方に応えるための選択。また、食品のほかに食器類まで片付けられ、冷蔵庫やオーブンまで置かれた広いパントリーにも、奥様は大満足しているという。階段や、トイレを除くサニタリーは、LDKを通る動線の先に配置。これは、暮らしの中でいつも家族の気配を感じられるようにするためと、廊下のない効率的な間取りによって、実際の建床面積以上に広々と暮らせるようにするための工夫だ。「生活スタイルをしっかりヒヤリングし、棚やテーブルなどを造作することで、家具を追加で買う必要がなく、またデザイン面での統一感が出る」とは、K様邸のリフォームを担当した『ビーライフ』の代表・山下氏の言葉。ご夫婦は、「山下さんはこちらの希望を汲み取った上で選択肢を提案してくれるので、予算内で自分たちのやりたいことを叶えられました」と、語ってくださり大満足のリフォームとなったようだ。

■写真:明るく広々とした1階のLDKは、リフォーム前は中央の柱と梁の位置で二つの部屋に分かれていたが、壁を取り払いひと続きの空間へと変身させた。
■物件詳細:築30年(一戸建て)
■リフォーム面積:73.90平米(22.35坪)

延床面積
敷地面積
プランニング期間
施工期間
約2.5カ月

青い壁に造作のダイニングテーブル、キッチンのレンガ風タイルやコンロ廻りの白タイルなど、さまざまな素材をバランス良く配置して空間をデザイン。

階段下のデッドスペースは収納スペース(写真右側の扉)として有効活用。

キッチンの壁の向こう側は、洗面脱衣所・バスルームになっている。水廻りが一箇所に集中しているので、家事の負担も少ない。

外観全体は黒い壁だが、玄関部には木を配置。そこに描かれたタイルによるラインが映える。屋内はもちろん、外観もまるで新築されたかのような建物。

洗濯機はダイニング横のクローゼットの中に。どちらもご夫婦の希望を物件や予算の条件に合わせて実現したもの。

「無機質な感じにしたかった」という玄関ホールには、コンクリート風の壁紙を。

リフォーム ビーライフ 一級建築士事務所