奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

“備わる良さ”はしっかり残し“新たな魅力”を引き出した住まい

施工企業平岡工務店(Remix Design)
平岡工務店_リフォーム_ダイニング

〝削ること〟でカタチにした
古民家での心地よい暮らし

日本家屋に見られる独特の趣と、ゆとりや豊かさを感じられる暮らしを求め、Y様が購入された平屋建ての中古住宅。築30年・木造瓦葺のその物件は、広い和室に縁側、床の間に違い棚など、昔ながらの日本家屋らしい魅力を備えている。しかし洋室や水回りなどは細かく仕切られており、現代の暮らしには不便さを感じさせる面も多い。そんなY様邸を「家族6人が心地よく暮らせる住まい」へと生まれ変わらせるため、『平岡工務店』が導き出したのは〝削ることから良さを引き延ばす改修プラン〟だ。大きく手を加えたのは、洋室や水回りが細かく並ぶ、建物右側の空間。構造的に必要な壁は残し、不必要な壁は削って〝ひとつながり〟にすることで、開放的な空間とスムーズな家事動線を実現した。またダイニングとキッチンは、あえて離してレイアウト。さらにリビングとダイニングの間に窓付きの仕切りを設け、LDKそれぞれの空間が持つ役割を明確化。これは、ご家族のライフスタイルを反映した提案だ。玄関部と和室が並ぶ空間は、潔く残すことに。特に玄関は、貴重な銘木材で装飾された天井板や、床や柱に見える無垢の木の味わいが、リノベーション後の今もY様邸の魅力の一つとなっている。新しくなった空間と、あえて残した空間が、互いに調和し合ったY様邸。同社の柔軟な発想力と技術力が、存分に発揮された住まいとなっている。

■写真:エイジング加工を施した床や、サンドベージュの壁紙を用い、また家具や照明器具のセレクトにもしっかりとこだわることで、空間全体をヴィンテージな装いにコーディネート。
■物件詳細:築30年(一戸建て)
■リフォーム面積:214.50平米(64.89坪)

延床面積
敷地面積
プランニング期間
施工期間
約4カ月

ダイニングとリビングの間に窓付きの仕切りを設けることで、それぞれの空間が持つ役割を明確にしつつも“程よいつながり”を感じられるようにした。

洗面室は、壁の一面や扉、天井に濃い色を配してややラグジュアリーな印象に。この空間は、家族全員分の衣類を収納できるクローゼットにもつながっているため、家事効率がとても良い。

Y邸では、日本家屋らしさのすべてを取り除くのではなく、良いところは残すリノベーションが行われている。

となりの空間との“程よいつながり”を創出。

リフォーム 平岡工務店(Remix Design)