奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

ヨーロピアンクラシックスタイルとモダンデザインを融合させた住まい

施工企業一級建築士事務所リビングデザイン
リビングデザイン_リフォーム_リビング

築30年・鉄骨造4階建の住まいを改修したM様邸。今回のリノベーションで奥様がかなえたかったのは、お気に入りのキッチンを使いつつ“ヨーロピアンクラシック”の空間をつくり上げることだった。その一方でご主人は、“スタイリッシュモダン”の空間が好みだという。この「“伝統的”と“現代的”を融合させる」という難題に、『リビングデザイン』の代表・井上氏がこれまでに培ってきた経験が大いに生きた。それというのも井上氏は、高級マンションやホテルの設計も手掛けてきた人物。大理石やロートアイアンを使っての空間コーディネートや、素材や空間の魅力を引き出す照明計画にも長けているのだ。もちろん、暮らしやすい家事動線や収納計画も抜かりない。改修後の住まいは見ての通り、ご夫婦それぞれの希望に応えたものとなっている。

■写真:室内の装いは、大理石の床やロートアイアンの手すりを用いて“ヨーロピアンクラシック”と“モダンスタイリッシュ”を融合させた。
■物件詳細:築30年(一戸建て、鉄骨造4階建)
■リフォーム面積:238.45平米(72.13坪)

延床面積
敷地面積
プランニング期間
施工期間

外観も、素材に石目調タイルやロートアイアンを使い、高級感を演出。

こちらはダイニングの空間。シャンデリアや間接照明による光の演出で、その装いを一層上質なものに。空間の魅力を損ねないよう、収納のデザインにも配慮した。

キッチン・ダイニングは、大理石やロートアイアンなどクラシカルな印象がある素材に、モダンなステンレス製のキッチンを違和感なく調和させた空間。そこに照明計画をプラスして、“豪華だけれど嫌味がない装い”となるよう計画。

玄関部だけで15帖あるM様邸。

その広さを生かし、床と同じ大理石を貼った飾り棚や、土間でつながり家族用の動線ともなる大きなシューズクロークも用意した。

2階フロアには、LDK+洗面コーナーのみをレイアウト。リビングは3階へとつながる吹き抜けが開放的で、また大きな窓からたっぷりの自然光が入る明るい空間とした。

リビングをはじめ、ダイニングや玄関ホールは折り上げ天井にすることで、広々とした空間にさらなる奥行きを演出している。

奥様が使いたかったというシステムキッチンは、国内メーカーでは最高級とも言えるもので、凝った装飾が施された品。

M様邸の装いは、このキッチンを軸に検討していったものである。

トイレには、奥様が自ら仕入れたエルメスの壁紙を採用。

ロートアイアンの手すりが放つ存在感や、それをより生かす空白のとり方、また間接照明による光の演出が、M様邸の高級感を一層引き立てている。

リフォーム 一級建築士事務所リビングデザイン