奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

「暮らしやすさ」をキッチンから広げた、家族にフィットする平屋建ての住まい

施工企業平岡工務店(Remix Design)
平岡工務店_リフォーム_ダイニング

隠れた希望も好みもくみ取り

〝住まい手の世界観〟を表現

 

空き家になっていたご親族の家を、新しい住まいにすると決めたS様ご家族。その平屋建ての物件は築12年とさほど古くもなく、水回りさえ改修すれば、不便さもあまり感じずに暮らせるものだった。しかし、LDKを除く個室はすべて畳敷きで、S様ご家族のライフスタイルには合っていない。そこで『平岡工務店』に相談・依頼し、使い勝手も空間の装いも一新させたのが今回のリノベーションだ。

キッチンを中心に置き、それを囲うように各空間が配された改修後のS様邸には、どの場所にもスムーズに移動できる〝効率の良い生活動線〟が備わっている。この間取りの構成は、「平屋建ては建物の中心部が暗くなりがち」であることから、LDKなど〝採光が必要な部分〟と、クローゼットやパントリーなど〝さほど採光の必要がない部分〟とを明確にして考え出されたものだ。その上で、LDKは光のバウンドも意識しつつ、ご夫婦が望んだナチュラルトーンの仕上げに。白を基調とした明るいこの空間は、体感的にも実際以上に明るく感じられる。そして、部屋を仕切るすべての建具には、風通りと将来的な使いやすさを考え引き戸を採用。さらに、通り抜けできるクローゼットや広々としたランドリースペースなど、毎日の暮らしやすさもしっかりと計画。こうしてS様邸は、ご家族が自分たちらしく、また心地よく暮らせる住まいとなった。

■写真:自然光がたっぷりと入る、心地よいキッチン・ダイニング。一見すると真っ白な印象の空間だが、同じ白でもタイルや木目など質感の違うものを使うことで、単調になり過ぎないよう計画されている。
■物件詳細:築12年(一戸建て)
■リフォーム面積:145.00平米(43.86坪)

延床面積
敷地面積
プランニング期間
施工期間
約5カ月

もともと和室だった部屋をリビングへと変更し、キッチンを中心にダイニングとリビングがつながるようLDKをL字型にレイアウト。リビングの入り口に残した壁が、それぞれの空間に“ちょうど良い距離感”をつくっている。

トイレには造作の収納カウンターを設け、収納も十分な容量を確保。

明るいダイニング。

ゲストにも使ってもらうトイレ前の造作洗面台は、タイルを貼ってかわいく仕上げた。

玄関ホールとダイニングを仕切る造作建具は、奥様こだわりのピスタチオカラーで。白が基調の空間で、見た目のアクセントにもなっている。

リフォーム 平岡工務店(Remix Design)