奈良県の家づくり企業をさがす
?

あなたの”より具体的な”こだわりにマッチする企業を探してみてください

?

掲載中の企業様を特長から検索できます (例:自然素材、健康住宅など)

シンプルなのに美しい、いつまでも愛せる家

施工企業吉川住研
吉川住研_新築_リビングダイニング

高低差を巧みに使い、
開放感と安心感を両立

一生に一度の大きな買い物である、家。『吉川住研』ではそれにふさわしいものとなるように、奇抜なデザインは一切せず、「いつまでも飽きずに長く住み続けられる家」を提案している。同社がつくる家には、シンプルでありながらもどこか美しく、住む人の心を豊かにしてくれる魅力がある。その鍵は、自然素材そのものが持つ重厚感と、建物の所々に見られる造り手のさりげない配慮にあるようだ。このF様邸にも細かな配慮が多く見
受けられる。例えば、壁や天井の高低差でゆるく区切られたLDK、内と外との境界を曖昧にしている土間、勾配天井と化粧梁の遊び心のある2階など、一つ一つは目立たないながらも、建物全体につながりや広がりを持たせるのに大きく貢献している。一方、空間に開放感を感じさせながらも、落ち着きや安心感を与える配慮も忘れない。「人間は自分の視界の中に壁・天井・床が入っていると落ち着くのです」と吉川氏。真っ白な漆喰の壁には黒い窓枠でポイントを、高さのある天井には低い位置に梁やダウンライトを配置することで、壁や天井の位置を認識できるように工夫している。

思わず振り返ってしまう
圧倒的に美しい外観

同社のつくる家は外観の美しさにも定評がある。家の敷地にあわせて、軒高や軒の出、屋根勾配、窓の大きさや高さなど、緻密に計算し、圧倒的な存在感を放つ美しいビジュアルに仕上げる。F様邸は北側道路の家である。一般的に、北側にはトイレや浴室などの小さい窓が多いため、外観を華やかにすることができない。そこで同社は、足し算できない分、逆に、とことんシンプルに徹し、漆喰の壁の素材感がより引き立つデザインに仕上げた。また、窓の高さに変化をつけ、外から見たときに室内の構造がわかりにくく、期待感を持たせてくれるビジュアルにもなっている。家の前を通る人も「この家、何階建てなんだろう?」と、思わず立ち止まってしまうそうだ。なお、これらの窓は実用性も兼ね備えている。高い位置の窓は採光に適しているし、低い位置の窓は、光は要らないが風を入れたい場合に適している。

 

■写真:壁や天井に高低差をつけ、面を多く作ることで立体感のある空間に仕上げている。漆喰の素材感も引き立っている。

延床面積
114.27㎡( 34.57坪)
敷地面積
214.30㎡( 64.83坪)
プランニング期間
6カ月
施工期間
2カ月

漆喰とのコントラストが目を引く、玄昌石のキッチン壁。ナチュラルになりがちな自然素材だけを使い、ここまでスタイリッシュな空間に仕上げているのは見事。収納はすべて造作によるもの。

土間があることによって、生活にあらゆる可能性が生まれる。

土間の活用した住まい方は千差万別。

部屋全体はシンプルでありながら、勾配天井と梁で変化をつけた2階の居室。

和洋どちらの空間にもフィットするのは、自然素材の魅力のひとつ。

漆喰の外壁が引き立つようにと考えられた外観。小さな窓を多く作ることで家自体を大きく見せる「視覚効果」を取り入れた。

新築 吉川住研