ホーム > ピックアップ特集【12月特集】

ピックアップ特集

Reform & Renovation

01 02 03
04 05 06

Reform & Renovation

Q.1 住みながらのリフォームは可能ですか?
A.1 工事の大小にもよりますが、基本的には可能です。例えば一階部分を工事するときには二階に住み、二階を工事するときには一階に、などの方法が考えられます。ただ、水回りの工事をするときは、一時的に水回りが使えなくなる期間がありますので、その場合、期間によっては借家などを検討していただくことになります。また、もちろん工事中は埃も立ちますし音もしますので、そういったことが気になる方はあらかじめ借家を探していただくことをお勧めします。全体的には、全改装などの大規模なリフォームを除いて、ほとんどの方が住まわれながらのリフォームをされています。
Q.2 最近リノベーションという言葉を言葉を良く聞きますが、どういう意味ですか?
A.2 既存の住宅の機能を向上させたり、ライフスタイルに合うような住空間として再生させることです。
Q.3 リノベーションはリフォームとはどこが違うのですか?
A.3 一概には言えない部分もありますが、大きく言えば、リフォームは今までの間取りはそのままに、床や壁を張り替えたり水回りなどの設備機器を取り替えるなどの「修繕」することを言います。一方リノベーションは耐震性や断熱性の向上などの機能も付加し、また間取りなども再構築していきます。
Q.4 最初の契約金額と最終の請求書に差額が出ることはありますか?
A.4 工事の内容、使う材料など、当初の計画を大幅に変更して請求の金額が大きくなるということは、よほどでなければありません。ただ、例として多いのは、建物の内部、つまり解体前には予想もつかなかったところに修繕の必要があった場合、差額は発生します。古い家ですと、柱や土台が白蟻に喰われていたなどということはよくありますので、そのあたりはあらかじめ相談された方がいいでしょう。
また工事が始まってから、お客様の方から変更や追加をされた場合はもちろん追加代金が発生します。工事が始まると「つい他の部分も気になって…」という方も多くなるようですが、きちんと施工会社との確認やコミュニケーションを大切にすることが成功の秘訣です。
Q.5 システムキッチンなどは実物が見れるのですか?
A.5 ほとんどの施工業者には専門のコーディネーターがいますので、同行してもらってメーカーのショールームなどを見に行くことができます。必ず全く同じ物があるとは限りませんが、サイズや色など、お客様のリクエストに応じてアドバイスしてもらえるので、安心です。
Q.6 リノベーションにするか新築にするか迷っているのですが。
A.6 お客様のライフステージによりますので、どちらが良いということは言いかねますが、リノベーションの良いところは、建築廃材の発生を抑えることができることです。使えるものは使い、生かせるものは生かすというのが基本的な考え方ですので、エコロジーの観点からも注目される施工です。またコストパフォーマンスの点でも新築の1/3〜1/2でグレードを上げることもできると言われています。どちらにしても、「後、何年住むつもりか」や「どんな家族構成なのか」という点をとことん話し合えるパートナーを選びましょう。
Q.7 結露がひどいので、サッシを交換したいのですが大丈夫ですか?
A.7 もちろん大丈夫です。結露対策としてはもちろんのこと、気密性、断熱性の観点からもサッシ枠の交換は効果的です。次世代住宅対応として、最近一般的なのはペアガラスの導入。省エネになりますので、人気が高いです。ただ、サッシ枠の交換は壁工事を伴いますので、工事費が若干高くなります。
Q.8 耐震性や耐火性の向上まですることはできますか?
A.8 施工時に必要に応じて骨組みが見える状態にしますので、見えなかったはずの部分がよく見えるようになります。それによって耐震性、耐火性はもちろん、耐久性を向上させるための新しい仕組みを取り入れることもできます。